マイティカード、RFIDエンタープライズプラットフォームのSaaSサービス

マイティカード株式会社 2008年09月08日

From PR TIMES

「RFID Enterprise 2.0」を試験・評価利用者向け無償提供開始
~RFID導入に向けた多拠点間実験の大幅費用削減を実現~

マイティカード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:株本 幸二、以下 マイティカード)は、RFIDエンタープライズプラットフォームのSaaS(注1)サービス「RFID Enterprise 2.0」を、9月8
日よりサービス開始致します。まずは、本格的導入前に運用試験を検討されているお客様向けに無償で提供致します。


 「RFID Enterprise 2.0」とは、RFIDを用いたアイテムレベルRFIDシステム(注3)のプラットフォームソリューションとして実績のあるTrueVUE RFID Platform(注4)のエンタープライズソフトウェアであるEnterprise ManagerとCommissioning(両製品共、2008年9月8日発表)をSaaS型のサービスとして提供するものです。物流資材(RTI)管理のみならず、商品などのアイテム一つ一つの個品管理にもお使い頂けます。

TrueVUE RFID Platformとは、RFIDを用い、サプライチェーンを流れるあらゆるモノの動きを可視化し、売上向上・業務改善を図るためのプラットフォームです。このプラットフォームは、RFIDシステムに必要なハードウェア・ソフトウェアから構成されます。TrueVUE RFID Platformは、UHF帯のアイテムレベルRFIDシステムとして、世界初のトータルソリューションパッケージであり、世界各地で導入が進んでいます。

Enterprise Managerは、各拠点に設置されるSite Managerを通じ、RFID機器により読み取られた商品の情報を、複数の拠点から集約・管理する上位ミドルウェアです。Enterprise Managerでは、拠点毎はもちろん、各拠点内のゾーン(棚・売り場など)の在庫情報を個品毎に提供することができます。さらに、各拠点に設置されたリーダライタやアンテナ一つ一つのRFID機器のリモート管理・リモート監視を集中的に行うことができ、拠点毎のIT管理者を必要としません。
Commissioningは、分散された各拠点でユニークな番号の発行・管理を行います。また、CommissioningはTrueVUE RFID Platformの中で、発番されたユニークな番号と商品情報のテーブルを集中管理し、トラック&トレース機能も有します。

今回、マイティカードは、複数拠点での試験運用で必要となるプラットフォームを提供することで、本格導入までのコスト削減、期間短縮を実現されたいユーザ、システムインテグレータの皆様を強力にサポートいたします。
当社としてはRFID Enterprise 2.0により、ユーザの方々に、資産管理・業務効率の改善、売り上げの向上等、RFID導入による非常に大きなメリットを、より身近に感じていただけると確信しております。
是非この機会に当社製品を利用したRFIDソリューションをご検討ください。

【RFID Enterprise 2.0 サービス開始の背景】
UHF帯RFIDを導入する際、本格導入に向け、実証実験、試験運用を行うことが一般的です。この際、大きな課題となるのが、実証実験およびパイロット運用などで用いるシステム構築の費用です。本格導入時の効果測定を目的とする試験運用に、大きなコストが必要となれば、必要かつ妥当な試験内容であっても予算確保ができなかったり、必要以上に時間や労力が必要となることが少なくありません。このような導入障壁をできる限り小さくするよう今回、RFID Enterprise 2.0の提供を開始することと致しました。

【RFID Enterprise 2.0 サービスの特長】
・基盤システムのSaaS提供(無償)によるコスト削減
・運用開始までの期間短縮
・多拠点に点在するRFID機器の一元管理(リモート設定含む)
・多拠点のデータの収集・一元管理
・標準レポーティング機能による多彩な表示(有償にてカスタマイズ可)
・各種業務アラート
・ALE1.0を用いた業務アプリが開発可能
・開発資産の本格導入時のシームレスな移行
・ユニークIDの各拠点での発行管理
・商品のトラック&トレース

また、試験システムの導入コスト・期間の圧縮効果をより大きくするために、試験導入に必要なハンディリーダライタなどのRFID機器や、入荷検品や棚卸といったワークフローに向けたアプリケーションソフトなどのレンタルプランもご用意しております。

※記載の商品名は、商標または登録商標です。
注1)「SaaS」
SaaS(Software as a Serviceの略、サース)とはソフトウェアをサービスとして提供するASP型ソフトウェア販売の新しい形。従来のライセンシング販売と違い、インターネットを通じてソフトウェアの機能が提供され、ユーザは必要に応じ各機能を利用し、ベンダーはそれぞれの利用に対し、期間使用料として収入を得るビジネスモデル。
注2)「RFID Enterprise 2.0」のご利用には、試験・評価利用向けに無償提供されるEnterprise ManagerとCommissioningの他に、それぞれのソフトウェアの設定費用が必要となります。また試験・評価利用時の無償提供期間は3ヶ月を想定とします。
注3)「アイテムレベルRFIDシステム」
RFIDを用いて、従来のSKUなどの商品種ごとではなく、個品(シリアル)単位で識別するシステム。次世代バーコードとして期待されるUHF帯RFIDは、その運用効果の革新的向上をもたらすアイテムレベルRFIDシステムの実現を目指して各規格作りが進められている。
注4)「TrueVUE RFID Platform」
TrueVUE RFID Platformの概要は、2008年9月8日発表のプレスリリースをご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マイティカード株式会社の関連情報

マイティカード株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!