矢沢永吉出演TV-CM ブルーレイ 「2011年画質って、どういうこと?」篇 2008年9月27日(土)OA開始!

ソニーマーケティング株式会社 2008年09月26日

From PR TIMES

『ソニーのブルーレイにつなぐとどのハイビジョンテレビも画質があがるって、どういうこと!?』
矢沢永吉出演TV-CM
ブルーレイ 「2011年画質って、どういうこと?」篇 2008年9月27日(土)OA開始!
&ブルーレイ「コンビネーション」篇、 「矢沢意見」篇も10月5日(土)よりOA開始


日本のロック界を代表する歌手・矢沢永吉さんがメッセンジャーとして登場するソニーのブルーレイ、<ブラビア>のTV-CMシリーズ。まずは9/27より、ブルーレイの新CMがOAされます。第4弾となる今回も、矢沢さんがブルーレイに関して、新たな事実に気づきます。これまでも、「テレビはハイビジョンなのにDVDはハイビジョンじゃなかった」など、一般のお客様が疑問に感じて いるだろう事柄をCMの中で矢沢さんに気づいて頂きました。お客様と矢沢さんが、一緒に段々とブルーレイへの関心を強めて 頂くことを目標に、このCMシリーズを制作しております。
今回のCMで、矢沢さんは『ソニーのブルーレイにつなぐと、どのハイビジョンテレビも画質があがる!!』と語るものの、一転、急に不安な表情で、『って、どういうこと??』と聞き返します。矢沢さんに気づいて頂いた「ソニーのブルーレイの高画質」、自信をもってぜひ皆様にもご体感いただきたいと思っております。
新高画質回路“CREAS(クリアス)”の機能により、すべてのハイビジョンTV*をキレイにしてしまう、ソニーの新ブルーレイディスクレコーダー。ソニーは2011年の完全地デジ移行に向けてハイビジョン映像の美しさをより一層高めるべく「2011年画質」を訴求してまいります。
*HDMIケーブル接続ができるハイビジョンTVが対象となります


★CM概要★

オンエア: 2008年9月27日(土)より提供番組「世界遺産」よりスタート。全国TV-SPOTは10/4より
「2011年画質って、どういうこと?」篇: 15秒
「2011年画質って、どういうこと?」篇: 30秒

★撮影エピソード★
スタッフに迎えられ「お願いします」と登場した矢沢さん。全身真っ黒の衣装に身を包んだ姿は一層引き締まって見え、現場は矢沢ワールドに一変。撮影が始まるとセリフの言い回しを何度も確認し、矢沢さん自ら「もう一回お願いします」と言いながら納得のいくまでTAKEを重ねていきます。「テクノロジーの進歩っていうのはすごいね」とソニーの新ブルーレイディスクレコーダーの機能に感心しているご様子でした。撮影は終始順調に進み、最後は納得の行く様子で矢沢さん、スタッフ共に撮影を終えました。

★「2011年画質」って何?★
今回のCM内で使用しているキーワード「2011年画質」とは、年末に発売するソニーのブルーレイディスクレコーダーに搭載している、新・高画質回路“CREAS(クリアス)”によりハイビジョン映像をさらにキレイな画質にすることを表しています。
“CREAS(クリアス)”により、すべてのハイビジョンTV*の映像を鮮鋭感、立体感ある映像で再現いたします。
2011年の完全地デジ移行に向けハイビジョンへの関心が高まる中、ソニーは更なる高画質を追求いたします。
*HDMIケーブル接続ができるハイビジョンTVが対象となります

★今後の矢沢さんCM情報★
<ブラビア>「矢沢意見」篇 10/5よりOA開始
<ブラビア>&ブルーレイ「コンビネーション」篇 10/4よりOA開始

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソニーマーケティング株式会社の関連情報

ソニーマーケティング株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?