コミック・マンガの同人活動応援サイト「コミックサークル」公開のお知らせ

エフ・プラット株式会社 2008年11月10日

From PR TIMES

~ 創造性流通サービスカンパニー エフ・プラット株式会社~
コミックサークル: (リンク »)


エフ・プラット株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:神部典之)は、コミック(マンガ)やイラスト、小説などの創作活動をしている方向けの、投稿・売買ができるコミュニケーションサイト、「コミックサークル」のα版を2008年11月1日より公開いたしました。

「コミックサークル」ウェブサイト: (リンク »)

■「コミックサークル」の特徴
コミックサークルでは、以下のサービスを提供します。
・誰でも簡単にマンガやイラスト、小説などの創作物(作品)の画像や立ち読みページ、紹介文を投稿でき、サイト訪問者に公開できます。投稿した作品は、そのまま任意の価格で販売できるようになります。
・登録ユーザーは、公開された作品を閲覧/購入するとともに、レビューやタグがつけられます。
・メッセージおよび画像のやり取りや、関連作品の設定、来訪者へのアンケートなどができる「プロジェクト」を作成できます。プロジェクトは、サークル活動の打ち合わせや活動報告/作品発表の場にできるほか、複数メンバーでの作品の共同制作にも利用できます。

※作品の閲覧、購入以外の利用は会員登録(無料)が必要です。
※作品の販売/購入機能、プロジェクトのアンケート機能はβ版公開時に利用可能となります。(β版は、2008年12月公開予定です。)

■「コミックサークル」開発の背景
現在、マンガの同人活動サークルや出版社と契約を結んでいない個人作家の発表/販売の場は、各種即販イベントや、店舗での委託販売、もしくは個人のホームページ上での掲載などが主となっています。こうした場では、資金の負担が多い、アピールできる対象が少数、顧客の反応が得にくい、などの問題がありました。
そこで、当社が2006年12月より運営している、「出版できる本屋さん マイブックル」( (リンク ») )の出版や販売のしくみを利用し、さらにプロジェクト、ランキングなど、コンテンツを介したコミュニケーションを促進する仕組みを導入、新たにマンガ、イラストの同人活動応援サイトとして「コミックサークル」を開発しました。
 「マイブックル」では、作者の金銭的な自己負担なしに本を出版できる「ドロップシッピング方式」や、手元の在庫を登録して販売する「セルフストック方式」など、作者の都合に合わせた出版/販売方式が選べます。「コミックサークル」でも、同様の仕組みを導入していく予定です。

<エフ・プラット株式会社の事業について>
私たちエフ・プラットは、デザインや、アイデアや、コンテンツの創作を、日々の暮らしの中でもっと身近に楽しむことができる社会的なプラットフォームが必要だと考えています。私たちの身近にある"創造性"を、インターネットを活用して流通させる「クリエイティブ・プラットフォーム」を提供するため、当社は次のウェブサービスを展開しています。
(1)出版できる本屋さん「マイブックル」  (リンク »)
(2)チラシ・ロゴなど誰でも気軽にデザイナーを活用できる「ファーストデザイン」   (リンク »)
(3)クリエイター専門のSNS型コミュニティ「マイデザインズ」   (リンク »)
(4)あったらいいなをカタチにするサイト「マイデザイン」   (リンク »)
===================================
<お問い合わせ先>
エフ・プラット株式会社 広報担当:藤田 健
〒106-0032 東京都港区六本木6-11-16-404
URL: (リンク »)
TEL:03-3423-3016 / FAX:03-5876-8713 / Email:info@f-plat.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エフ・プラット株式会社の関連情報

エフ・プラット株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!