「あなたの2008年」調査

ヤフーバリューインサイト株式会社 2008年12月18日

From PR TIMES

Yahoo!リサーチ C-NEWS「あなたの2008年」調査を実施

「自分の周りで流行ったもの」 1位は「崖の上のポニョ」
「印象に残ったニュース、ブーム」は、「ガソリン価格上昇」

~1都3県 15歳~65歳までの男女インターネットユーザー3,000人の回答結果~

(リンク »)



--調査結果トピックス---------------------------------------------
・「自分の周りで流行ったもの」 1位は「崖の上のポニョ」
10~30代女性で4割以上
・「2008年に購入・利用したもの」は、「プレミアムローストコーヒー
(マクドナルド)」が最多
・「印象に残ったニュース、ブーム」
1位「ガソリン価格上昇」 、2位「食品偽装事件(事故米など)」
・「話題になった人」は、1位「バラク・オバマ(次期米大統領)」
2位以下に20ポイント以上の差
------------------------------------------------------------------

Yahoo!リサーチを運営するヤフーバリューインサイト株式会社(本社/
東京都中野区、代表取締役社長:田部 信、以下ヤフー・バリュー・イン
サイト)が提供する、生活者情報マーケティングデータサービス「C-NEWS
( (リンク ») )」では、2007年に引き続き「あなたの2008年」を
テーマに、Yahoo!リサーチ・モニターを対象に調査を実施しました。


◇◆◇ 調査結果概要 ◇◆◇

■「自分の周りで流行ったもの」 1位は「崖の上のポニョ」
 10~30代女性で4割以上
+------+------+------+------+------+------+------+------+------+
 自分の周りで流行ったものは、「崖の上のポニョ(映画)」(28%)、
「Wii Fit」(18%)が上位。以下、「自転車・電動自転車」(12%)、「血
液型別 自分の説明書(書籍)」(11%)、「iPhone 3G」(10%)、「三井ア
ウトレットパーク入間」(10%)と続いた。
 1位の「崖の上のポニョ(映画)」は幅広い年代で高いスコアとなった
が、男女共に若い年代ほど高い傾向が見られた。その中でも特に10代~
30代女性でスコアが高く、10代女性ではほぼ7割に達した。


■「2008年に購入・利用したもの」は、
「プレミアムローストコーヒー(マクドナルド)」が最多
+------+------+------+------+------+------+------+------+------+
 2008年に購入・利用したものでは、「プレミアムローストコーヒー(マ
クドナルド)」(14%)、「糖質・糖類ゼロ商品」(12%)、「ファンタ ふ
るふるシェイカー」(11%)など食品類が上位を占めた。以下、「UT(ユニ
クロのTシャツ)」(11%)、「崖の上のポニョ(映画)」(11%)、「プライ
ベートブランド(PB)商品」(10%)などがあがった。
 「プレミアムローストコーヒー(マクドナルド)」は、20~30代男性、
30~40代女性のスコアが比較的高く、2割程度の利用率だった。「ファン
タ ふるふるシェイカー」は若年層のスコアが高く、10~20代男性、10代
女性で約3割という結果だった。


■「印象に残ったニュース、ブーム」
 1位「ガソリン価格上昇」 、2位「食品偽装事件(事故米など)」
+------+------+------+------+------+------+------+------+------+
 印象に残った2008年のニュース、ブームは、「ガソリン価格上昇」が
85%で1位。以下、「食品偽装事件(事故米など)」(71%)、「食品への有
害物質混入事件(メラミンなど)」(64%)など、ネガティブなニュースが
上位を占めた。
 1位の「ガソリン価格上昇」は、いずれの年代でも高く、性別・年代に
関わらずインパクトを与えた模様。「食品偽装事件(事故米など)」で
は、年代が高いほどスコアが高くなる傾向が見られ、特に女性の40代以
上で関心が高まる傾向が見られた。


■「話題になった人」は、1位「バラク・オバマ(次期米大統領)」
 2位以下に20ポイント以上の差
+------+------+------+------+------+------+------+------+------+
 話題になったと思う人を3人まで聞くと、「バラク・オバマ(次期米大
統領)」(48%)が2位以下に20ポイント以上の差をつけ1位。「麻生太郎
(内閣総理大臣)」(27%)、「北島康介(水泳)」(26%)が続いた。
 トップの「バラク・オバマ(次期米大統領)」は、ほぼすべての年代で
4割を超えた。「麻生太郎(内閣総理大臣)」は、比較的男性のスコアが
高い傾向が見られた。また、「DAIGO」は、全体では11%だったが、
10~30代女性のスコアが高く、10代女性では40%を超える特徴的な結果
となった。

------------------------------------------------------------------
<調査概要>

◇調査方法  : インターネット上によるクローズド調査
◇調査対象者 : 1都3県の15~69歳のインターネットユーザー
◇調査期間  : 2008年11月15日
◇集計回答人数: 3,000人
◇設問項目  : 下記項目を調査

■[2008年に利用したお店]
■[2008年に買った商品・サービスなど]
■[2008年の流行など]
■[普段、利用している商品・サービス]
■[普段、接している情報]
■[ユーザー情報]
■対象者属性
------------------------------------------------------------------

─────────────────────────────────
◇生活者情報マーケティングデータ「C-NEWS」について
------------------------------------------------------------------
C-NEWSとは、インターネットという社会インフラを最大限に活用し、市民
(Citizen)、消費者(Consumer)といった側面から、生活者の声をタイム
リーかつ立体的に社会や企業に伝える、従来にないメディアです。
「なぜ、その商品はヒットしたのか?」「活発な消費行動を示す消費者層
はどんなプロファイルで、何をどう買っているか?」 C-NEWSはインター
ネットリサーチの特長を活かし、こうした疑問に答えるためのデータを提
供すると共に、生活者に向けてマーケティング活動を展開する企業や組織
に常に新鮮な「視点」や「仮説」を提供します。 (リンク »)


─────────────────────────────────
◇ヤフーバリューインサイト株式会社について
------------------------------------------------------------------
「市場の生活者ニーズを捉え、マーケティング課題を解決し、企業の成長
に貢献する価値を提供すること」、それが私たちの使命です。ヤフーバ
リューインサイト株式会社は、マーケティングリサーチのリーディングカ
ンパニーとして、国内最大級かつ高品質な調査パネルを基盤に、インター
ネットリサーチから従来型手法まで、豊富なリサーチサービスを提供して
います。
2008年7月より、ヤフー株式会社との「Yahoo!リサーチ」ブランド共同運
営を開始し、Yahoo! JAPANを通じた調査パネルの充実、インターネットに
おけるノウハウやインターネット利用動向の活用、そして、マーケティン
グテクノロジーの研究・開発を続け、これまでにないサービスや価値を提
供してまいります。


会社名    :ヤフーバリューインサイト株式会社
         (リンク »)
所在地    :東京都中野区中央1-38-1 住友中野坂上ビル1F
        TEL: 03-3367-1967(代表) FAX:03-3367-1961
新会社発足日 :2007年7月1日
資本金    :7億円
代表者    :代表取締役社長 田部 信(たなべ しん)
事業内容   :・マーケティングリサーチ事業
        ・データ解析事業
        ・マーケティングコンサルティング事業
        ・生活者情報データ・コンテンツ事業
         [C-NEWS] (リンク »)         
所属団体   :・社団法人日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)
        ・社団法人日本マーケティング協会(JMA)
        ・ESOMAR(ヨーロッパ世論・市場調査協会)
        ・日本行動計量学会
        ・日本消費者行動研究学会(JACS)
        ・日本マーケティング・サイエンス学会(JIMS)

** 本件に関するお問い合わせ *************************************

 C-NEWSのサービスに関して
 ヤフーバリューインサイト株式会社 C-NEWS編集室
 E-MAIL: info@c-news.jp TEL:03-3367-1962 FAX:03-3367-1969 

取材・掲載等に関して
ヤフーバリューインサイト株式会社 社長室 広報
  お問い合わせフォーム:
  (リンク »)
TEL:03-3367-1959 FAX:03-3367-1969 

*****************************************************************

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヤフーバリューインサイト株式会社の関連情報

ヤフーバリューインサイト株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?