編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

エイサー、スリムボディに生まれ変わったAspire oneを投入 薄さ約25mm、重さ約1.07kgでさらにアクティブなネットライフを提案

日本エイサー株式会社

From: PR TIMES

2009-04-16 12:21

~2009年4月24日(金)より全国量販店にて順次販売開始~

日本エイサー株式会社(本社:台湾・台北、代表取締役社長:ボブ・セン)は、2009年2月の発売以来ご好評頂いておりますNetBook「Aspire one」(10.1inch)のさらなる進化版として、薄さ約25mm、重さ約1.07kgのNewモデルを発表しました。標準モデル(AOD250-83)は49,800円前後で2009年4月24日より、Microsoft(R) Office Personal 2007搭載モデル(AOD250-83F)は59, 800円前後で5月上旬より、全国量販店にて順次発売開始いたします。


▽新しくスリムに生まれ変わったAspire one
 「Aspire one 10.1inch」は薄さ約33.4mm、本体質量約1.18kgでしたが、新ラインとして、薄さ約25mm、本体質量約1.07kgに抑えたスリムなNewモデルとなっております。スリムに生まれ変わったAspire oneはデザインのみならず携帯性も向上し、ユーザーのネットライフがさらに楽しくアクティブなものになります。

▽インテル・AtomプロセッサーN280 採用 充実のスペックで快適なネットライフを実現
 省電力で優れたパフォーマンスを発揮するインテル・AtomプロセッサーN280を採用。稼働時間についても標準3セルバッテリーは、従来より0.5時間伸び最大で3.5時間稼働可能となりました。更に、6セルオプションバッテリーを使用した場合は最大稼働時間7.5時間と、長時間の移動も問題なくご使用できます。
 また、ネットブック向け正規版Microsoft(R) Office Personal 2007 (2年間ライセンス版)モデルのラインナップや4色のカラーバリエーションの組み合わせで、ユーザーの様々なライフスタイルやニーズに応じてお選び頂けます。

▽サウンド機能にドルビー・ヘッドフォンを採用し、驚きの臨場感を実現
 今回からドルビー・ヘッドフォンを採用し,よりより音質をヘッドフォンを通じて体感できます。あらゆるヘッドフォンでサラウンドサウンドの臨場感を実現し、映画鑑賞や音楽鑑賞で優れたパフォーマンスを発揮します。

▽タッチ アンド トライブースとキャンペーンサイトもオープン (URL: (リンク ») )
 この度の発売に際して、JR新宿駅、JR秋葉原駅構内にてAspire oneのタッチアンドトライブースを4月24日から5月10日まで設置する予定です。また、キャンペーンWEBサイトも併せてご覧下さい。キャンペーンWEBサイトでは、「エイサーが5万円くらいでPCを販売できる秘密」も公開しています。

 今後もエイサーは最高のカスタマー・エクスペリエンスを提供できるよう、製品・サービスを開発・提供していきます。

-----------------------------------------------------
型番
: AOD250-B83/ AOD250-B83F
店頭想定売価 : 49,800円前後/59,800円前後
製品仕様: 詳細スペックは別紙に記載
発売日: 4月24日(金)/5月上旬より順次
販売: 全国の量販店にて
サイトアドレス: (リンク »)
-----------------------------------------------------

□Acerについて
1976年の設立以来、エイサーは絶えず人と技術の間の障壁を取り除くという目標を追求してきました。全世界でIT製品を販売し、PCの世界シェアは第3位、ノートPCの世界シェアは第2位にランクされ、トップ5企業の中で最も速い成長を誇ります。インダイレクトで販売を展開する「チャネルビジネス」モデルは、エイサーが継続的に成長するための、有効な手段となっています。また、ゲートウェイとパッカード・ベルとの合併により、米国ではその存在を強化し、欧州ではより強い立場を築き、グローバル展開に必要な体制を完成させました。

■エイサーはマルチブランド・カンパニーへ
Acer Inc.は、コンピューター業界で世界第3位のPCベンダーです(2008年第4四半期において、Gartner Dataquest)。2007年より「パッカード・ベル」、「ゲートウェイ」、「イーマシーンズ」の3つの製品ブランドを加えたマルチブランド・カンパニーとして、さらに豊かなPCライフの実現に努めております。

以上
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]