RAIDに対応のWindows Server向けディスク暗号化ソフト最新版 

日本セーフネット株式会社 2009年07月01日

From PR TIMES

 RAIDに対応のWindows Server向けディスク暗号化ソフト最新版
 ProtectDrive for Servers 9をリリース
(クライアントPC向けディスク暗号化ソフト ProtectDrive 9も同時リリース)


2009年7月1日
                         日本セーフネット株式会社
                      アイル・オープンソース株式会社


 通信、知的財産、認証等のグローバル・セキュリティリーダーである日本セーフネット株式会社
(代表取締役:酒匂潔、本社:東京都港区、以下、日本セーフネット)と、PCIホールディングス・グループのアイル・オープンソース株式会社(代表取締役:関谷恵美、本社:東京都千代田区、以下、IOS)は、Microsoft Windows向けディスク暗号化ソフトウェア「ProtectDrive for Servers及びProtectDrive」最新版を7月1日より販売を開始します。

 日本セーフネットの製品ProtectDriveは、ディスク上のデータを暗号化し、盗難や紛失の際のデータ漏洩を防止するWindows向けソフトウェアです。Windows起動前にProtectDriveのログイン認証画面(プリブート認証)を表示し、適切な方法で認証された場合にのみ暗号化されたディスクからWindowsを起動します。
 
 ProtectDriveには、Microsoft Windows XPやMicrosoft Windows VistaなどクライアントPC対応の「ProtectDrive 9」と、サーバ向けWindowsであるMicrosoft Windows Server 2003に対応した「ProtectDrive for Servers 9」という、2ラインナップが用意されています。基本的な内蔵ディスク及びUSBフラッシュメモリ、USB接続外付けHDDの暗号化機能、操作性は両ラインナップで共通していますが、ProtectDrive for ServersではRAID(ハードウェアRAIDのみ)がサポートされます。

 ProtectDriveは専用サーバが不要で、Windowsの1アプリケーションとしてインストールし、インストールされたProtectDrive設定ツールから、ディスク暗号化など各種設定をすることができます。その一方で、大規模組織での設定集中管理ができるよう、Microsoft ActiveDirectoryを使った設定配信オプションも用意されています。また、1台単位で暗号化を行い、パスワードリカバリ、暗号化ディスクからのデータ抜き出しといったProtectDrive付属のリカバリ機能を実行することができます。これらのリカバリ実行時には通信が発生しないため、オフライン環境でリカバリを行うことができます。

 今回発表のProtectDrive最新版、「ProtectDrive for Servers 9」(Windows Server 2003対応)及び「ProtectDrive 9」(Windows XP, Vista対応)の新機能及び各種情報は下記の通りです。
 
 ■ProtectDriveラインナップ、対応OS及び価格
  ProtectDrive for Servers 9
  *対応OS:Windows Server 2003(32bit版のみ), Windows 2000 Advanced Server
  *1ライセンス標準価格:120,000円(税抜、別途年間保守が必要です)
  *詳細: (リンク »)
   (7/1より上記サイトから評価版がダウンロード可能です)

  ProtectDrive 9
  *対応OS:Windows Vista(32bit版のみ)、Windows XP(32bit版のみ)
  *1ライセンス標準価格:19,000円(税抜、別途年間保守が必要です)
  *詳細: (リンク »)
   (7/1より上記サイトから評価版がダウンロード可能です)
 
 ■主な新機能
  Windows PEを使ったファイル・リカバリ機能
   従来はディスク単位で復号してからデータを抜き出すことが必要でしたが、
  新バージョンでは暗号化状態のディスクからファイル単位でのデータ抜き出し
  が可能になりました。
  
  Windodws起動前のプリブート認証での生体認証サポート
   従来のIDとパスワードの組み合わせか、トークデバイスを使った認証の他に、
  指紋認証などでプリブート認証を通過させることが可能になりました。
 
 ■販売窓口
  IOS Webサイト上ProtectDrive情報ページに記載の販売パートナー様
  及び弊社楽天市場内オンラインショップよりご購入頂けます。
  *製品情報ページURL: (リンク »)
  *オンラインショップURL: (リンク »)

 大規模な導入事例は海外が先行しており、アメリカ政府機関では33万ライセンス以上が利用されています。またアメリカ、ニューヨーク州やカリフォルニア州、オーストラリア移民・市民権省での導入実績もあります。今後のバージョンアップでは、64bit版Windowsへの対応や、iPhone、Symbian、Palmなどのスマートフォン暗号化に対応した製品のリリースが計画されています。
 また日本での営業的取り組みとして、ProtectDriveのデモを中心としたセミナーや、1台単位で導入できる点を活かし、PCを常に持ち歩く方をターゲットとしたProtectDriveとUSBトークンデバイスiKey/eTokenをバンドルした商品の提供を計画しています。

※その他の製品名および会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【今回の発表に関する報道関係各位からのお問い合わせ先】

日本セーフネット株式会社
  エンタープライズセキュリティ事業部
  TEL: 03-5776-2751 E-Mail: jp-info@safenet-inc.com
  URL: (リンク »)

アイル・オープンソース株式会社
OSS部 小林 hkobayashi@i-will-opensource.jp
TEL 03-5295-7011

【今回の発表に関するお客様からのお問い合わせ先】

日本セーフネット株式会社
  エンタープライズセキュリティ事業部
  TEL: 03-5776-2751 E-Mail: jp-info@safenet-inc.com
  URL: (リンク »)

アイル・オープンソース株式会社 (リンク »)
OSS部 toiawase2@i-will-opensource.jp
TEL 03-5295-7011

■日本セーフネット株式会社について
 日本セーフネット株式会社は米国メリーランド州ボルチモアに本社を置くSafeNet, Inc.の日本法人で、2001年に設立され以来、ネットワークやアプリケーションのセキュリティ製品の日本国内での販売・マーケティング・サポートをご提供いたしております。
  2007年、SafeNet, Inc.は、テクノロジ業界を専門とする資産20億ドルの非公開投資会社Vector Capitalによって買収されました。2009年3月、Vector CapitalはAladdin Knowledge Systemsを買収し、SafeNetと経営統合させました。先進的なグローバル企業2社の統合により、世界100か国以上でビジネスを行う世界第3位の情報セキュリティ企業に成長し、増加するセキュリティの課題の解決に必要な総合的ソリューションを市場に送り出しています。
  SafeNetの暗号化技術ソリューションは、企業および官公庁の通信、知的財産およびデジタルIDを保護します。Aladdinのソフトウェア保護、ライセンス管理および認証ソリューションは、企業の情報、資産および従業員のプライバシーを保護し、不正使用を防止します。Aladdinは将来、SafeNetに完全に統合される予定です。詳細についてはwww.safenet-inc.comまたはwww.aladdin.comをご覧ください。
  
■アイル・オープンソース株式会社について
 常に変革し続ける企業のニーズに柔軟かつスピーディに対応するためにオープンソースをコアとしたIT技術を駆使し、ビジネスを推進・支援・実現するためのプロフェッショナルサービスを提供します。
設立:2002年12月13日
資本金:4,500万円
代表取締役:関谷 恵美
URL: (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]