日本セーフネット、日本語を含むマルチランゲージをサポートしたHASP SRM v.4.0を販売開始

日本セーフネット株式会社 2009年07月15日

From PR TIMES

本日、日本セーフネットはAladdinが正式リリースを発表したHASP SRMの最新バージョン「HASP SRM v.4.0」を日本で販売することを発表いたします。


報道関係者各位

2009年7月15日
日本セーフネット株式会社

日本セーフネット、日本語を含むマルチランゲージをサポートした
HASP SRM v.4.0を販売開始


日本セーフネット株式会社(代表取締役社長:酒匂潔、本社:東京都港区、以下日本セーフネット)は、SafeNet, Inc. (米国・メリーランド州、以下SafeNet)と経営統合された情報セキュリティ業界の世界的リーダーAladdin Knowledge Systems(イスラエル、以下Aladdin)のソフトウェアプロテクション/ライセンシングの完全統合型ソリューションHASP SRM を販売しております。

本日、日本セーフネットはAladdinが正式リリースを発表したHASP SRMの最新バージョン「HASP SRM v.4.0」を日本で販売することを発表いたします。本バージョンから、ソフトウェアベンダが販売するプロダクトにコピー防止プロテクションとソフトウェアライセンシングを実装する開発ツール、および、エンドユーザがライセンスの管理を行うWebベースの管理ツールに、日本語、中国語、イタリア語のインターフェースを新たにサポート。ソフトウェアベンダによるプロテクションおよびライセンシングの開発、実装が容易になるとともに、エンドユーザの使い勝手や使用感が向上します。

「HASP SRM v.4.0」は、提供するすべてのツールに、英語に加え、新たに日本語、中国語、イタリア語をサポート。ソフトウェアへAES暗号ベースの強力なプロテクションと、使用回数や使用期間、ネットワーククライアント数などが設定できるライセンシングの実装が従来以上に容易になりました。
操作や機能解説のすべてのオンラインドキュメントも同様の言語で操作画面から簡単に表示でき、ソフトウェアベンダの作業効率は飛躍的に向上します。
ソフトウェア販売を世界展開した場合も、日本、中国、イタリア語、英語圏のエンドユーザは、母国語でHASP SRMのライセンス管理ツール「HASP SRM Admin Control Center」のインターフェースを使用することができ、ソフトウェアライセンスの把握、管理、監視および保守を容易に行なうことができます。

さらに「HASP SRM v.4.0」では、Mac OS※アプリケーションについて、すでにサポート済みのハードウェアキーベースのプロテクション/ライセンシングソリューションに加え、ソフトウェアベースのプロダクトアクティベーション機能をサポート。Mac OS用に開発されたソフトウェアにも、ハードウェアとソフトウェアの両方を利用した強力なプロテクション、およびライセンシングソリューションを適用できます。
※intelのみサポート


【販売価格】
開発ツール、エンドユーザツールは無料
USBキーは@¥4,900~(お問い合わせください)



【HASP SRMとは】

HASP SRMは、強力なコピー・プロテクション、IPプロテクション、およびセキュアなライセンシング機能を提供する製品で、ソフトウェア開発企業の収益を不正使用による損失から防ぎます。
ライセンスキーは、ハードウェア・ベース(USBキーを使用する方式)とソフトウェアベース(ネットワーク経由によるアクティベーション方式)の両方から選択でき、ソフトウェアベンダはアプリケーションの販売形態(パッケージ、ダウンロード、SaaSなど)に応じて任意に選択することができます。



【SafeNetとAladdin Knowledge Systemsについて】
2007年、SafeNetは、テクノロジ業界を専門とする資産20億ドルの非公開投資会社Vector Capitalによって買収されました。2009年3月、Vector CapitalはAladdin Knowledge Systemsを買収し、SafeNetと経営統合させました。先進的なグローバル企業2社の統合により、世界第3位の情報セキュリティ企業に成長し、増加するセキュリティの課題の解決に必要な総合的ソリューションを市場に送り出しています。SafeNetの暗号化技術ソリューションは、企業および官公庁の通信、知的財産およびデジタルIDを保護し、Aladdinのソフトウェア保護、ライセンス管理および認証ソリューションは、企業の情報、資産および従業員のプライバシーを保護し、不正使用を防止します。SafeNetとAladdinは、情報セキュリティ企業として合算で世界100か国以上、50年を超える歴史を持ちます。Aladdinは将来、SafeNetに完全に統合される予定です。

【日本セーフネットについて】
日本セーフネット株式会社( (リンク »)  代表取締役:酒匂 潔、本社:東京都港区)は、インフォメーション・セキュリティの世界的なリーダーであり、ネットワーク、通信、知的財産権、およびデジタル認証やデータの完全性を保護する暗号技術を利用した強固なセキュリティを、ハードウェア、ソフトウェア、および チップを含めた幅広い製品群で提供している米国SafeNet, Inc.の100%子会社です。


SafeNetはSafeNet, Inc.の登録商標です。その他の商標はすべて、各所有者の財産です。

(C)2009 Aladdin Knowledge Systems, Ltd. All rights reserved. eToken, SafeWord 2008, Aladdin Knowledge Systems and the Aladdin logo are trademarks or registered trademarks of Aladdin Knowledge Systems, Ltd. SafeNet is a registered trademark of SafeNet, Inc. All other product and brand names mentioned in this document are trademarks or registered trademarks of their respective owners.

お問い合わせ先:
日本セーフネット株式会社
〒105-0004東京都港区新橋6-17-17
jp-info@safenet-inc.com
(リンク »)

株式会社アラジンジャパン
〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9
sales@aladdin.co.jp
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。