新たに出現するウイルスの52%は 24時間で感染活動を終了している

PS Japan株式会社 2009年08月13日

From PR TIMES

- 平均して毎日37,000個のウイルス、ワーム、トロイの木馬やその他のセキュリティの脅威が出現している

- 今年、7月までにカタログ化されたマルウェアの個別のサンプルの総数は3千万にのぼっている

- セキュリティ会社による検出を免れるため、ハッカー達はその作品を毎日改変している



PandaLabsでは、毎日約37,000個の新たなウイルスやワーム、トロイの木馬、その他のタイプのインターネット上のセキュリティの脅威のサンプルを受け取っていますが、その52%(平均して19,240個)はわずか24時間しか新たな感染を拡大する活動を行っていません。その時間が経過すると、それらは、また活動中として新たな標本のリストに追加されることになる別の新たな変種によって置き換えられ、活動を停止し無害となります。

この背景にはマルウェアを使って金銭的利益を得るというハッカーの動機が存在します。そのために、彼らは彼らの作品がユーザーやセキュリティベンダーに気づかれずにいることを確実にしようとしています。

一連のマルウェアを配布した後わずか24時間の間に、セキュリティ会社に検出されずに感染拡大を継続できるように彼らはコードを改変します。

PandaLabsで検出される新たな脅威の数が大幅に増大している理由がここにあります。実際、Pandaが会社としてスタートしてから2008年までの約20年間に検出された総数18百万個に対して、2009年は7月31日までに既に3千万個と極端に増加しています。

PandaLabsのテクニカルディレクターであるLuis Corrons氏は、「これは終わりのないレースであり、かつ不幸なことにハッカー達が引き続き勝利を重ねています。我々がそれを分析しクラス分けして戦うためには彼らが作ったマルウェアを我々が取り押さえるまで待たざるを得ません。実際のレースにおいて、従来型の、時間のかかる専門家による分析のテクニックを用いるベンダーでは、流通と感染のタイムスパンが非常に短くなっているために、クライアントをワクチンで守ることが出来なくなっています。Pandaのコレクティブインテリジェンスはほぼリアルタイムにプロテクションを提供し、このようなリスクのウインドウ(窓)が開くのを最小限に抑えることが可能になります」と述べています。


■Panda Security について

Panda Security は、約195 カ国に100 万以上のクライアントを持ち、その製品は23 種類の言語に対応している、IT セキュリティソリューションの世界的なリーディングプロバイダです。
Panda Security は、「コレクティブインテリジェンス」テクノロジーによるクラウドコンピューティングのパワーを備えた最初のIT セキュリティ企業です。この革新的なセキュリティモデルは、一日に数千の新しいマルウェアサンプルを自動的に分析および分類することが可能で、企業や個人のお客様に対して、PC パフォーマンスへの負荷を最小限に抑えながらインターネット上の脅威に立ち向かう最適なプロテクションを提供することを保証しています。
Panda Security は、カリフォルニアの米国本社やスペインのヨーロッパ本社を始め、世界56カ国にオフィスを展開しています。
Panda Security は、企業の社会的責任を担うポリシーの一環として、スペシャルオリンピック、WWF、Invest for Children をサポートしています。
詳細情報はこちら  (リンク »)



※ Panda Japan ブログ  (リンク »)
※ Twitter  (リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

PS Japan株式会社の関連情報

PS Japan株式会社

PS Japan株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。