働く男女500名に徹底調査! 8割が「外国人に英語で話しかけられても、聞き取れない!」 苦手1位「スピーキング」!35万円費やしたのに英語が話せない・・・

ロゼッタストーン・ジャパン株式会社 2009年09月16日

From PR TIMES

働く男女500名に徹底調査!
8割が「外国人に英語で話しかけられても、聞き取れない!」
苦手1位「スピーキング」!35万円費やしたのに英語が話せない・・・



語学学習ソフト「Rosetta Stone(R)」の販売を行う
ロゼッタストーン・ジャパン株式会社 (東京都渋谷区)は、
20代~30代の男女500名を対象に「英語」に関する実態調査を行った。
「英語」に対する意識と本音が明らかとなる、興味深い調査結果となった。

調査対象:全国の20代~30代男女(有職者)
調査回答数:500名(男性250名 女性250名)
調査期間:2009年9月2日~9月3日
調査方法:インターネット 

==================

■外国人に英語で話しかけられたら・・・10人に1人が聞こえないフリ

「街で外国人に英語で話しかけられて聞き取れなかった経験はありますか?」
という質問に対して、実に80%が「ある」と回答。
その具体的な状況としては、「道を聞かれたが答えられなかった」といった経験をはじめ、
以下例のように切実な経験が寄せられた。

◇『駅のホームで、外国人に「この電車は○○駅に行くか?」と聞かれたがパニックにな
  り、後ろからおばさんが流暢に回答していて恥ずかしかった。』(25歳・神奈川県・女性)
◇『買い物をしていて、外国人が化粧水を2本持って「しっとり」と
  「さっぱり」の違いは何かとたずねてきた。ひたすらジェスチャーで教えてあげた。』(29歳・北海道・女性)

また、『早口で分からなかったので逃げた。』(38歳・女性・兵庫県)といったように、
「外国人に英語で話しかけられて、聞こえないフリまたは逃げた経験がある」と回答したのは8%。
その他、英語にまつわる失敗談として、実に様々な回答があがった。


◇『飛行機内でアテンダントの話す内容が分からず、
  首を振ったら、機内食をもらえなかった。』(34歳・大阪府・女性)
◇『成田駅で京都のガイドブックを片手に話しかけられた。
  ここは東京(周辺)だと言っても通じなかった。』(33歳・愛知県・男性)
◇『子供の頃は怖くて見かけただけで泣いたことがあった。』(35歳・静岡県・女性)

==================

■英語で苦手なのは、1位「スピーキング」 2位「ヒアリング」!

英語で失敗をしたことがある人は多いようだが、英語のどの分野が苦手なのだろうか。
「英語で苦手意識のあるものは何ですか?(複数回答)」と聞いたところ、
最も多かった回答は、「スピーキング」(76%)。
続いて、「ヒアリング」(60%)、「発音」(51%)、「文法」(49%)、
「語彙」(46%)、「読解」(36%)の順となった。

同様に、英語で最も身につけたいものとしても、「スピーキング」(53%)、
がダントツで多い結果となった。

ちなみに、「英語を話せるようになりたいと思うか」という質問に対して、
「とても思う」「やや思う」と回答したのは93%。
実に9割以上の人が「英語を話せるようになりたい」と感じているようだ。

==================

■これまで英語の勉強に費やした金額は、平均35万円!

では、これまでどのような方法で英語を勉強していたのだろうか。
過去に行ったことのある英語の勉強方法について聞いたところ(複数回答)、
最も多かったのは、「テキストを買って勉強する」(51%)。

以下、「テレビ・ラジオの英語教育番組」(46%)、「英会話スクールに通う」(37%)、
「英字新聞を読む」(23%)の順となった。
 
 実際にどれくらいの金額を費やしたのかについても、調査を行った。
「過去に英語に費やした金額は合計いくらくらいですか?」という質問に対して、平均額は「34万8780円」。
100万円以上が13%、50万円~100万円が9%を占めており、
5人に1人が「50万円以上」の金額を英語学習に費やしている結果となった。
また、最高額では「700万円」という人も見受けられた。

英語学習にかなりの金額を費やしているにも関わらず、
「英語が話せない、聞き取れない」という現実が明らかとなった。

==================

■今後試してみたい新英語学習ツールの1位は「オンライン学習」          
日々進化し続ける「英語学習ツール」。
今後試してみたいと感じる新たな英語学習ツールはどのようなものなのだろうか。

「今後新たな英語学習ツールとして、試してみたいものはどれですか?(複数回答)」
と聞いたところ、最も多かった答えは、
ウェブサイト、e-ラーニングなどの「オンライン学習」(33%)。
続いて、「ゲーム機器」(32%)、「PCソフト」(31%)、
「携帯電話向け(iPhone除く)学習ツール」(19%)、
「iPhone向け学習ツール」(10%)という結果となった。

==================

■「Rosetta Stone(R)(ロゼッタストーン)」について(URL:www.RosettaStone.co.jp)

ロゼッタストーン・ジャパンが販売する「Rosetta Stone(R)」は、
1992年に米国のコンピュータ科学博士John Fairfield(ジョン・フェアフィールド)と、
Allen Stoltzfus(アレン・ストルスフス)によって開発された、
外国語を身につけるための実用的なソフトウェアです。

大学などの教育機関を中心に流通後、2003年に一般消費者向けの販売を開始し、
2007年時点で世界177カ国、300万人以上の個人ユーザーに活用されています。

人間が持っている潜在的な語学学習能力に注目し、最先端のIT技術をもとに、
直感的かつゲーム感覚で語学を学習できる
「Dynamic Immersion(R)(ダイナミック・イマージョン)」と呼ばれる独自の手法を採用し、
まるで母国語を覚えるのと同じように新しい言語を身につけることができます。

英語や中国語(北京語)をはじめ、ギリシャ語やラテン語にいたるまで、全31言語に対応。
CD-ROM版とオンライン版あり。

■米国Rosetta Stone Inc.は、2009年4月16日、語学学習関連企業として初めて、
ニューヨーク証券取引所に上場しました。

(ロゼッタストーン・ジャパン株式会社は米国Rosetta Stone Inc.の100%出資会社です。)

----------------------------------------------------------------------------------
※媒体企画などへのデータ提供にご協力いたします!
■このリリースに関するお問い合わせや取材依頼、資料ご希望の方は下記までご連絡ください■

ロゼッタストーン・ジャパン株式会社
広報担当:金澤
TEL 03-5775-1123/FAX:03-5775-1124
Email: mkanazawa@rosettastone.com

トレンダーズ 株式会社(リリース掲載内容に関するお問い合わせ先)
担当:武久
TEL:03-5774-8871/FAX:03-5774-8872
東京都渋谷区東3-9-19 ポーラ恵比寿ビル2F
----------------------------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]