Teradata、2009年第4四半期および2009年度通期の業績を発表

日本テラデータ株式会社 2010年02月18日

From PR TIMES

[2010年2月11日付で発表されたテラデータ・コーポレーションのニュースリリースの抄訳です]
2010年2月18日
日本テラデータ株式会社

Teradata、2009年第4四半期および2009年度通期の業績を発表
-売上高、営業利益は第4四半期、通期ともに堅調に推移-

 米国ジョージア州アトランタ発 - エンタープライズ・データウェアハウスのグローバルなリーダー企業であるテラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC、以下テラデータ)は、2009年度第4四半期および2009年度(期末:2009年12月31日)の業績を2月11日(現地時間)発表しました。

 2009年度第4四半期の売上は4億9,600万ドルで、前年同期の4億9,300万ドルから1%増加しました。当第4四半期の売上増には、為替変動による4%のプラス効果が含まれています。
また、2009年度通期の売上は17億900万ドルで、前年同期の17億6,200万ドルと比較して3%の減少となりました。これには、為替変動による2%のマイナス影響が含まれています。

 2009年度第4四半期の売上総利益率は56.0%で、前年同期の54.6%を上回りました。これは、アメリカ地域において取引構成が改善されたことによるものです。
2009年度通期の売上総利益率は54.9%で、前年同期は53.9%でした。これは、継続的に業務効率の向上を推進してきたことに加え、社内のコンサルティング・リソースの有効活用を強化した結果、コンサルティング・サービス部門が好調だったことによるものです。

 米国会計基準に基づいた2009年度第4四半期の純利益は8,400万ドルで、希釈済み1株あたり0.48ドルでした。前年同期の純利益は7,900万ドルで、希釈済み1株あたり0.45ドルでした。
2009年度通期の純利益は2億5,400万ドルで、希釈済み1株あたり1.46ドルでした。これには、これまでの株式投資評価損500万ドル(税引き後300万ドル)の損失計上が含まれます。前年同期の純利益は2億5,000万ドルで、希釈済み1株あたり1.39ドルでしたが、これには、それまでの株式投資評価損300万ドル(税引き後200万ドル)の損失計上と、2007年度法人所得税申告に基づいた税額調整に伴う300万ドルの計上が含まれていました。これらの項目を除いて計算すると、2008年度の1.42ドルに対して、2009年度の希釈済み1株あたり利益は1.48ドルとなります。

 テラデータの社長兼CEOであるマイク・コーラーは次のように述べています。「2009年は第4四半期、通期ともに過去最高の営業利益と1株あたりの利益を計上して終えることができました。今後も世界をリードするテクノロジーの拡充、マーケットカバレッジの拡大、パートナーシップの強化を目指し、投資の拡大を継続します。データウェアハウジング市場でのリーダーシップをさらに拡大すべく、積極的な取り組みを推進していきます」

# # #

テラデータについて
テラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC)は、データウェアハウジング、データウェアハウス・アプライアンス、コンサルティング・サービス、および高度な企業向け情報分析技術を提供する世界最大規模の企業です。テラデータは世界60カ国以上でビジネスを展開しています。テラデータについての詳細は、弊社Webサイトをご覧ください。 (リンク »)  

Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

# # #

日本テラデータ株式会社
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本テラデータ株式会社の関連情報

日本テラデータ株式会社

日本テラデータ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]