IPv6に標準対応した“仮想データセンター”サービス「MeX VDC」を発表

フリービット株式会社(FreeBit Co.,Ltd.) 2010年03月03日

From PR TIMES

IPv6に標準対応した高いコストパフォーマンスの“仮想データセンター”サービス「MeX VDC」を発表
~サーバに加え、ネットワークへの仮想化技術を採用したフルラインアップソリューションを提供へ~



IPv6に標準対応した高いコストパフォーマンスの“仮想データセンター”サービス「MeX VDC」を発表
~サーバに加え、ネットワークへの仮想化技術を採用したフルラインアップソリューションを提供へ~


フリービット株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石田宏樹、以下フリービット) は、子会社のメディアエクスチェンジ株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:石田宏樹、以下MEX)と共同で、3月3日、IPv6に標準対応した仮想化技術を採用した“仮想データセンター”サービス「MeX VDC」(VDCはVirtual Data Centerの略)を発表しました。

仮想化技術を用いたインターネットサービスとしては、すでに、仮想専用サーバ(VPS:Virtual Private Server)技術を利用した、サーバ単位の仮想化サービスが一般的には提供されていますが、MeX VDCでは、ネットワーク回線も含めて、お客様があたかも自分自身の専用データセンターをデスクトップから操作しているかのようにご利用いただける、本格的なデータセンター単位の仮想化サービスが可能となっていることが特徴となっています。

MeX VDCは、「一般法人向け」サービスと、クラウドサービスを提供したい「事業者向け」サービスの二つから構成されます。当サービスをご利用いただくことで、誰もが低リスクで、クラウドサービスおよび、クラウドビジネス、クラウドデータセンターサービス自体を展開することができます。

本サービスはフリービットがインターネットプロバイダー設備を一切持たずに、プロバイダー事業への参入を可能にした「ISP's ISP」事業に続き、ハウジングサービスなどを使ってデータセンター設備を自社で調達せずとも、仮想サーバサービス事業の提供が月額9万9800円から可能になる「IDC's IDC」事業への参入となります。

MEX VDCの各サービスは、MEXのデータセンター設備及び運用実績とフリービットのソフトウエア技術を活かして、仮想プラットフォームを独自実装したことで、競争力のあるサービスを実現しました。例えば、インターネットサービス事業者向け仮想化システムパッケージ「VPS-BOX」では、エンドユーザー価格でコンテナ型1VPSあたり月500円ほどの価格での仮想専用サーバサービスの提供が可能になります。

今後、フリービットグループでは、MeX VDC各サービスのプラットフォームとして、独自の仮想化技術「SiLK VM」を採用する方針です(注1)。SiLK VMの主な機能としては、IPv6への標準対応、物理サーバ収容率の向上、ゲストOS(仮想サーバ上で動作するOS)のバリエーションの確保といった点が挙げられます。

SiLK VMはフリービットの中国事業展開のビジネスパートナーである北京天地互連信息技術有限公司(BII Group Holdings Ltd. 本社:中国・北京市、法定代表者:劉東、略称BII)との合作企業である北京天地互連飛比特網絡科技有限公司(本社:中国・北京市、法定代表者:劉東、略称FBII)で、中国有数の大学で修士号/博士号を取得した社員によって構成される技術開発拠点・北京仮想化ラボを中心に開発を進めております。充実した機能に加え、開発投資を抑えることでコスト競争力のあるサービスを提供してまいります。

MeX VDCの新サービスは以下の通りです。

[法人向けサービス]
中規模/大規模システム向け仮想データセンター「ENTERPRISE-FARM」

 お客様がご希望されるシステム構成に応じて、仮想化したサーバ(仮想マシン)やネットワークを用いた仮想的なデータセンター(VDC)を構築します。データセンターの運用に際しては、独自開発した管理ツール「MeX Desktop Data Center」を用い、お客様のオフィスから直接コントロールしていただくことが可能です。従来はハウジングサービスを用いて運用していたような大規模システムのTCO(Total Cost of Ownership:システムの導入及び維持管理費用)削減を実現する新しい情報システムとしても、ご利用いただけるスペック・品質を備えたサービスです。

幅広い種類からのゲストOSの選択、ロードバランス機能の標準提供、VPN接続、アクティブな仮想マシンのクローンコピー作成、データバックアップなど充実した機能がご利用いただけます。

 例えば、ENTERPRISE-FARMでは、管理ツールから、稼働中の仮想マシンの完全クローンをわずか5分(注2)で作成したり、ネットワークの冗長構成自体を即座に変更したりすることも可能となっており、情報システム担当者の負担を大幅に軽減します。また、他社では新しい仮想システム本体を構築する際に1カ月程度の時間を必要とするケースがありますが、ENTERPRISE-FARMでは、仮想マシンのクローンを作成するのと同様に、システムそのものも管理ツール上から最短約5分(注2)で作成可能です。

 ENTERPRISE-FARMは中堅・大企業様の社内システム用途のほか、負荷が大きいネットワークシステムをお使いのコンテンツ配信事業者様、また、情報システムプロバイダー様でのご利用を想定しております。なお、現在、メディア会社様、有名オンラインゲーム会社様、コンテンツ配信事業者様、大学様などが採用予定となっております。


[法人向けサービス]
ライトユース向け仮想専用サーバサービス「ENTRY-VPS」

仮想専用サーバ1台単位でご利用いただけるサービスです。メモリ1GB、HDD50GBの構成で月額費用は3,000~4,000円、メモリ2GB、HDD100GBの構成で月額費用は5,000~7,000円でのご提供を予定しております。販売主体はフリービット、販売開始はフリービットの2011年4月期第1四半期になる見通しです。

小規模Webサイトの運用やデータ管理用途を想定した販売を予定しております。


[事業者向けサービス]
インターネットサービス事業者向け仮想化システムパッケージ「VPS-BOX」

 仮想化プラットフォーム実装済みの物理サーバを1筐体単位でご提供するサービスです。VPS-BOX料金はわずか月99,800円(ラック設置代、共用ネットワーク利用料などを含む)です。収容可能なVPS数はメモリ256MB、HDD10GB構成で構成した場合、最大250VPSを動作させることが可能です。エンドユーザー向けに、仮想専用サーバ(VPS)サービスを提供したいとお考えのインターネットサービス事業者様向けの販売を予定しております。



フリービットグループでは、中期経営計画「SiLK VISION 2012」において、IPv6技術と仮想化技術を組み合わせ、軽くてしなやかなシステムを実現した「Smart Infra」の提供を事業の中核に据えていくことを発表しております。今回の「MeX VDC」は、「Emotion Link」や「ServersMan」によるネットワークおよびストレージの仮想化に続く、データセンターシステムそのものの仮想化となります。

FBグループ各社は、すべての稼働中のサービスを当プラットフォームに順次移行し、付加価値の高いサービスを圧倒的なコストパフォーマンスで提供してまいります。

(注1) 仮想化プラットフォームについては、先行提供する「ENTERPRISE-FARM」ではVMWareを、「VPS-BOX」ではOpenVZをそれぞれ採用しております。
(注2) 仮想マシンの構築にかかる時間については、他の仮想システムの稼働状況の影響を受けます。 



【MeXVDCサービス詳細について】
 以下のURLをご参照ください。

 メディアエクスチェンジ株式会社
 URL:  (リンク »)

 フリービット株式会社 MeX営業部 サービスサイト
 URL:  (リンク »)


【メディアエクスチェンジ株式会社について】
 メディアエクスチェンジ(MEX)は、地域系(電力系)通信事業者各社ほかの出資により設立され、1997年9月より東京・池袋において、国内最高水準のネットワーク構築・運用技術を駆使し、付加価値の高いインターネットデータセンター事業を中心としたサービスを提供しています。
また、高帯域で高品質なインターネット接続サービス事業等も展開しています。

【フリービット株式会社について】
 フリービットは、独創的なインターネット技術と事業企画力によって、クラウド化する社会に対応する「Smart Infra提供事業」を行っています。特許取得技術を含む最先端のテクノロジーと市場のニーズを先取りするマーケティングを組み合わせることで、他の追随を許さない独自のネットワークサービスを展開し、「IT時代のものづくり」をキーワードに新たな価値の創造に努めております。

【お客様からのお問い合わせ】
メディアエクスチェンジ株式会社 営業・カスタマーサービス部
E-Mail:info@mex.ad.jp 電話番号:03-4306-6543
または
フリービット株式会社 MeX営業部
E-Mail:mex-sales@FreeBit.NET 電話番号:0120-721-867

【報道関係者からのお問い合わせ】
フリービット株式会社 CEO室 広報グループ/佐藤・千葉
Mail: Press@FreeBit.net 電話番号:03-5459-0522


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。