「Wiiの間」や「YouTube」で ニコンの技術や科学の楽しさを紹介するコンテンツを展開

株式会社ニコン 2010年03月15日

From PR TIMES

 株式会社ニコン(社長:苅谷道郎、東京都千代田区)は、3月13日から順次、任天堂「Wii」による動画配信サービス「Wiiiの間」および世界最大級の動画投稿サイト「YouTube」を使って、ニコンの技術や科学の楽しさを紹介する動画コンテンツの配信を開始しました。

今回の取り組みは、話題性、エンターテインメント性の高い「Wiiの間」「YouTube」を通じ、未来を担う若年層に向け科学の楽しさを体験する場を提供するとともに、カメラだけではなく宇宙、半導体、バイオサイエンス関連などさまざまな分野でニコンの技術が活躍していることをアピールするものです。

ニコンではこれらのコンテンツ展開を通じ、特に若年層におけるブランド認知を高めるとともに、ブランド価値の向上を図ることを狙いとしています。



■ 動画コンテンツ内容

1.Wiiの間

3月13日から、任天堂「Wiiの間※」の中の「ニコンの間」にてニコンの技術を紹介する動画コンテンツを随時配信しています。
※国内普及台数1000万台を超す任天堂の家庭用ゲーム機「Wii」による動画配信サービス。Wiiをインターネットに接続して利用可。

<配信コンテンツ一例>
・「イン・ザ・パーツ #002」: 
デジタルカメラ 「COOLPIX S1000pj」 の一つのパーツに込めた思いや秘話(3月13日公開)
・「ペット写真講座」: 
愛犬をデジタルカメラで可愛く撮るための写真講座(3月20日公開予定)


                           
2.YouTube 「ニコン ライブラリー」( (リンク ») )

 3月15日に、世界最大級の動画投稿サイト「YouTube」の公式チャンネルとして「ニコン ライブラリー(日本語のみ)」をオープンしました。
「ニコン ライブラリー」では、「Wiiの間」で公開するコンテンツを中心に、カメラから半導体にまつわる話まで、ニコンの幅広い技術を身近に感じられる映像、ニコンの事業や製品をさまざまな観点から紹介するコンテンツを随時公開していきます。

<配信コンテンツ一例>
・「イン・ザ・パーツ #001」:
デジタル一眼レフカメラ 「ニコンD5000」の一つのパーツに込められた思いと秘話(3月15日公開)
・「Hanako的写真講座」: 
雑誌「Hanako」的感性でワンランク上のブログ写真を撮るための写真講座(3月15日公開)
・「未来科学読本」:
ニコン発、半導体の現在・過去・未来。2050年の未来科学物語。(3月15日公開)
・カメラと写真映像の展示会「CP+」ニコンブースのレポート映像(3月23日公開予定)
・ニコンデジタル一眼レフカメラの動画撮影機能「Dムービー」によって撮影されたムービー(4月公開予定)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ニコンの関連情報

株式会社ニコン

株式会社ニコンの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]