映画『時をかける少女』公開記念!『時をかける少女』×NAVER コラボレーションキャンペーン実施中! 

株式会社スタイルジャム 2010年03月17日

From PR TIMES

NAVERのマイクロブログサイトpick(ピック)で「時をかけて残したいもの」を募集!
さらに、NAVERまとめでも『時をかける少女』感想&レビューを募集!




3月13日(土)から新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショーの映画『時をかける少女』(配給:スタイルジャム、原作:筒井康隆、主演:仲 里依紗)は、インターネット検索サービス「NAVER(ネイバー)」( (リンク ») )を運営するネイバージャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:森川 亮、以下ネイバージャパン)が運営するマイクロブログサービス「pick(ピック)」( (リンク ») )にてコラボレーション企画「時をかけて残したいもの」投稿キャンペーンを開始いたしました。
このキャンペーンは、『時をかける少女』で描かれる「時空を超えて残したい想い」というテーマをもとに生まれました。キャンペーン中、マイクロブログサービス「pick」上で「時をかけて残したいもの」をテーマに、一般ユーザーから自身の思い出の写真や画像などの投稿を募集します。
また、本キャンペーンにあわせて『時をかける少女』公式pickアカウント( (リンク ») )を開設。主演の仲 里依紗さんをはじめ、谷口正晃監督、菅野智恵さん(脚本)、上野彰吾さん(撮影)らの「時をかけて残したいもの」を閲覧することもできます。
さらに、NAVERサイト上にて『時をかける少女』の感想&レビューまとめも同時募集いたします。みなさんの「時をかけて残したいもの」、そしてご覧になった『時をかける少女』の感想やレビューをお寄せください。

■pick投稿募集キャンペーン
【参加方法】“時をかけて残したいモノ・コト・ストーリーや想い”を、pick上にて「時をかけて残したいもの」とキーワードを入れて投稿してください。 
(リンク »)
※画像・動画・テキストでの投稿が可能です。
※投稿にあたりNAVERへの会員登録(無料)が必須となります。

■NAVERまとめ募集キャンペーン
【まとめお題】映画『時をかける少女』の感想&レビュー
(リンク »)
【参加方法】NAVERサイト上の「映画『時をかける少女』の感想&レビュー」というお題に、感想やレビューが書かれたブログやレビューサイトのURLを投稿してください。
※お一人様、何回でも投稿可能です。
※投稿にあたりNAVERへの会員登録(無料)が必須となります。

■映画『時をかける少女』 
 
“記憶は消えても、この想いは消えない。時を超えて、今、新たな物語がはじまる。”

1967年の原作小説の発表以来、半世紀近くにわたり多くの人々を魅了してきた「時をかける少女」。
今回のヒロイン・芳山あかりに抜擢されたのは、大ヒット作『サマーウォーズ』を手掛けた細田守が監督したアニメ版『時をかける少女』で主人公の声を演じた若手実力派女優・仲 里依紗。

高校卒業を目前に控えた芳山あかりは、母・和子(安田成美)が薬学者として勤める大学にも無事合格し、新たな生活に胸を弾ませていた。ところが、和子が交通事故に遭い、事態は一転。「過去に戻って、深町一夫に会わなくては…」と必死に訴えながら昏睡状態に陥った母の願いを叶えるため、和子が開発した薬を使って1970年代にタイム・リープすることを決心する。時空を飛び越えたあかりは、過去の世界に到着。偶然出会った映画監督志望の大学生・涼太(中尾明慶)とともに深町一夫探しを始める。四畳半一間のアパートに同居し、涼太の映画製作を手伝ううちに、やがてあかりは涼太に恋心を抱き始めるが・・・。

これまでの「時をかける少女」ファンの心をときめかせ、原作を知らない世代の心もせつない感動に包みこむ新たな物語がはじまる。

出演:仲 里依紗 中尾明慶 安田成美
   青木崇高 石橋杏奈 千代將太 柄本時生 キタキマユ 松下優也
    勝村政信 石丸幹二
原作:筒井康隆「時をかける少女」(角川文庫、角川つばさ文庫)
監督:谷口正晃 脚本:菅野友恵 
歌:いきのもがかり(主題歌「ノスタルジア」挿入歌「時をかける少女」Epic Records Japan)
配給:スタイルジャム (C)映画「時をかける少女」製作委員会2010

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。