SAS Institute Japan、アフターサービス向け新ソリューションを提供開始

SAS Institute Japan株式会社 2010年03月24日

From PR TIMES

SAS Institute Japan、アフターサービス向け新ソリューションを提供開始
~顧客満足度向上と、製品保証コスト削減および補修部品在庫の最適化を実現。アフターサービスの向上および収益性向上を支援~


SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下:SAS)は、主に製造業における製品販売後のアフターサービス市場向けの新ソリューション「SAS(R) Warranty Analysis (ワランティ・アナリシス)」および「SAS(R) Service Parts Optimization (サービスパーツ・オプティマイゼーション)」の提供を開始すると発表しました。これらの新ソリューションにより、アフターサービス市場において、顧客満足度を維持・向上しつつ、製品保証(ワランティ)コストの削減と補修部品の在庫最適化を実現し、サービス品質の向上および収益性向上を支援します。

近年、製造業におけるグローバル競争の激化、長引く経済不況を受け、アフターサービスは利益機会の大きい領域として、ますます重要性が高まっています。一方、製品の性能、価格、品質などによる差別化が難しくなっている現在、優れたアフターサービスの提供は、消費者が購買を決定する上での重要な要素となっています。さらに、不具合検知の遅れや補修部品の欠品などは、消費者、顧客に重大な損害を与える可能性にもつながるため、企業にとってアフターサービスの品質改善は急務とされています。

多くの企業において、基幹システムは整備されているものの、アフターサービスに関する業務やシステムが縦割り構造になっていることが多く、データが分断されたり、利用しやすい形になっておらず、情報を活用しきれていないことが課題とされています。アフタ-サービス事業の改善と向上に向け、分散された情報を集め、サービスの視点から情報を収集してトータルに分析することが不可欠といえます。

不具合の早期周知、製品品質の向上を支援し、製品保証(ワランティ)コストを削減
企業の品質保証部門では、各種情報を収集し、原因特定を行い、対策案を作成していますが、一定量の不具合情報が蓄積されないと問題が顕在化しない場合があり、不具合検知に遅れをきたすおそれがあります。また、システムやデータが分散していることで、集計・加工に時間がかかり、傾向把握と問題点特定までに多くの時間を要することが課題とされています。

SAS Warranty Analysisは、高度な統計手法を取り入れ不具合検知をモデル化し、より早期の段階で不具合を検知することで、顧客への周知タイミングを早期化し、製品保証に関するコストの削減と製品品質の向上を支援するソリューションです。製品品質に関連する苦情やコールセンターのデータ、故障情報、生産情報などのデータを統合的に分析し、イレギュラーなクレームの判別、緊急事態の検出、問題解決と品質保証コストの予測を可能にします。

補修部品のサービスレベルの向上と在庫最適化を両立
補修部品の計画領域においては、顧客への補修部品供給が滞らないように過剰な在庫を抱えているケースや、拠点毎のパーツ需要が読みきれず、適正な補充ができていないために、在庫の偏在が起きているケースも多く見受けられます。また、部品の動きに合わせた精度の高い予測を行うことが難しく、部品のライフタイム需要が読めずに、廃却量や一括調達量を適正に保てないという課題を抱えた企業が多いのが実態です。単に在庫レベルを下げるだけでは、サービスレベルを維持することは不可能です。課題を解消するためには、サービス率の維持と在庫レベル適正化の両立を目指し、需要予測や在庫計画・補充業務を高度化していくことが求められます。

SAS Service Parts Optimizationは、製品およびパーツ需要に関して、需要実績、在庫データ(実在庫、積送中在庫、受注済出荷前、発注済)などのデータを統合的に分析し、短期予測、新製品(部品)および製品ライフサイクルにわたっての予測を可能にする、補修部品計画業務の高度化ソリューションです。さらに、在庫数やオーダー数を最適化するエンジンにより、在庫レベルを適切に保ち、納品までのタイムラグを最小化することで、顧客満足度の向上を支援します。

日本での提供開始
2010年4月1日

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においては最大の独立系ベンダーです。SASは、高度な分析と将来予測を実現するフレームワークにもとづき、顧客企業の45,000以上のサイトに革新的なソリューションを提供しています。複雑な経営課題を解決するビジネス・ソリューションによって迅速で正確な意思決定を実現することで、顧客のパフォーマンス向上と価値の創出を支援します。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万名、日本法人 約210名( (リンク ») )

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。