日立ソフト提供のコールセンターソリューション「CallFrontierX」が新機能追加

バーチャレクス・コンサルティング株式会社 2010年03月29日

From PR TIMES

~テキストマイニングツールと連携、蓄積された”お客様の声”の活用を支援~

日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社(本社:東京都品川区、執行役社長:小野 功、以下、日立ソフト)は、コールセンターソリューション「CallFrontierX(コールフロンティア)」を機能強化し、2010年4月1日より提供開始します。
本ソリューションはバーチャレクス・コンサルティング株式会社(本社:東京都港区六本木、代表取締役社長:丸山 栄樹、以下、バーチャレクス・コンサルティング)が開発・販売するコールセンター向け顧客管理ソフト「inspirX Communication(インスピーリ コミュニケーション、以下、inspirX-C)※1」をプラットフォームとして採用し、下記の5つの拡張機能を提供しております。

1. モバイルアクセス機能
2. 地図情報活用機能
3. 静紋によるセキュリティ強化機能
4. マイグレーションサービス
5. テキストマイニング機能(今回の追加機能)





「CallFrontierX」は、お客様のコールセンター業務における多岐にわたるニーズに応えるソリューションです。このたび、テキストマイニングツールとの連携コネクタを新たに追加し、“お客様の声”の効率的な分析、分析結果の活用を可能にしました。

お客様と企業の接点となるコールセンターには、“お客様の声”が蓄積され、蓄積したデータを活用することがビジネスを成功させる大きな要素となります。昨今の厳しい経営環境では、効率的、効果的な“お客様の声”の分析、活用に対する要望は一層大きくなると考えられます。
日立ソフトでは、「CallFrontierX」と株式会社日立東日本ソリューションズ(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役社長:菱沼 茂樹)のテキストマイニングツール「CoreExplorer(コアエクスプローラー)※2」を連携させる「CallFrontierX テキストマイニングコネクタ」を新たに開発しました。この新しい拡張コネクタと「CoreExplorer」を併せて利用することで、「CallFrontierX」に蓄積された顧客応対履歴データを効率よく抽出・分析することができ、“お客様の声”のより効果的な把握・活用を支援します。

新たに機能を追加した「CallFrontierX」の活用により、従来からの機動力ならびに情報力に加えて、分析力を駆使した高い付加価値を持つ、ワンランク上のコールセンターの実現が可能になります。

■ 新機能:CallFrontierX テキストマイニングコネクタ
(1)効率良い分析のための準備を自動的に実行
「CallFrontierX」に蓄積された膨大なテキスト形式データから、テキストマイニング対象となる顧客応対履歴に絞って、更新されたデータを定期的に収集し、専用のデータ形式に加工してデータベースに格納します。
「CoreExplorer」のデータ自動更新機能と組み合わせて利用することで、分析に必要なデータ収集からテキストマイニングツールへのデータ取込みまでの作業を効率良く実施します。

(2)分析結果の周知をサポート
「CallFrontierX」の画面上で「CoreExplorer」のHTML形式の簡易レポートを閲覧できるため、オペレータの通常業務を妨げることなく、“お客様の声”の分析結果を周知させることができます。グラフで表示された顕著に現れる“お客様の声”の傾向や、キーワード、増加しているクレーム内容をオペレータに把握させることで、応対品質の向上や、“お客様の声”の収集力の向上を促します。

<日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社のプレスリリース>
(リンク »)

<CallFrontierXホームページ>
(リンク »)

※ 1:inspirX Communication( (リンク ») )
※ 2:CoreExplorer( (リンク ») )
「CoreExplorer」は、日立東日本ソリューションズが開発したテキストマイニングツールです。マウスクリックの簡単操作でテキスト分析ができるテキストマイニングツールとして、分析者の思考を妨げずに操作・分析が可能です。また、独自の画面表示により、多角的かつ直観的な分析結果の把握が可能です。


【分析機能】
・特徴ある3画面連動型の画面により、キーワードの関連性を一目で把握
・クラスタリングやクロス集計、比較分析などで顧客応対履歴の分析が可能

【データ出力機能】
 ・分析結果をExcelやレポートに出力可能(数値情報も出力)

【運用管理機能】
 ・ユーザ別のデータ参照権限設定により、情報の機密性を確保

【辞書機能】
 ・ツール上で原文の表記ゆれ統一により、原文の修正が不要


<日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社について>
代表者:代表執行役 執行役社長兼取締役 小野 功
設 立:1970年9月
社員数:5,492名(2009年9月末)
本 社:東京都品川区東品川四丁目12番7号
概 要:『システム開発』、『サービス』、『プロダクト&パッケージ』の3つを主な事業領域とし、加えて『情報処理機器』の開発・販売、そしてトータルの『システムインテグレーションサービス」を提供

<株式会社日立東日本ソリューションズについて>
代表者:代表取締役社長 菱沼 茂樹
設 立:1984年5月
社員数:937名(2009年4月現在)
本 社:宮城県仙台市青葉区本町二丁目16番10号
概 要:蓄積してきた技術力を基盤に、『リサーチ&デベロップメント』、『コンサルテーション&システムインテグレーション』、『業務システム開発・パッケージ開発』のすべてを連携させて提供

<バーチャレクス・コンサルティング株式会社について>
代表者:代表取締役社長:丸山 栄樹/代表取締役IT事業総責任者:丸山 勇人
設 立:1999年6月
社員数:193名(2009年9月1日現在)
本 社:東京都港区六本木3-16-35 イースト六本木ビル2F
概 要:コールセンターに代表される非対面顧客接点にフォーカスをあて、新たなるコンサルティング形態としてテクノロジーソリューションとアウトソーシングを組み合わせて提供


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

バーチャレクス・コンサルティング株式会社の関連情報

バーチャレクス・コンサルティング株式会社

バーチャレクス・コンサルティング株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]