第39回価格.comリサーチ「携帯電話の選び方調査」結果

株式会社カカクコム 2010年03月30日

From PR TIMES

携帯電話購入における重視点、「価格」が大幅増加しトップに
1年以内の購入価格「0円」が約15%、購入限度額は「1~2万円」が最多
消費者のコスト意識はいっそう高まり、買い替えサイクルは延長、初期費用も節約傾向に




株式会社カカクコムが運営する購買支援サイト「価格.com( (リンク ») )」が実施した
ユーザーへの意識調査「価格.comリサーチ」より、第39回調査『携帯電話の選び方調査!-あなた
のこだわりは?-』から、結果を一部抜粋の上、ご案内します。
2007年後半から実施された販売方式の変更により、買い替えにブレーキがかかったとされる携帯
電話市場ですが、その後消費者は携帯電話購入に関してどのような意識を持っているのか、契約
状況や購入金額、購入意向などを調査、分析しました。
結果の一部は、過去数度にわたる価格.comリサーチ結果とも比較しています。

調査結果詳細: (リンク »)
・2009年1月調査結果  (リンク »)  
・2008年4月調査結果  (リンク »)  

【調査結果ダイジェスト】
◆携帯キャリアシェア:ソフトバンクが1年前より上昇、「iPhone 3GS」によりユーザー増加
◆購入時期:「2年以上前」が34%で1位、買い替えサイクルは延長傾向
 直近半年以内に買い替えた人の割合は、昨年より4.3ポイント減
◆この1年以内に購入した金額:「0円ケータイ」が最多(14.8%)、キャリア別に差が出る
 au・ソフトバンクよりドコモが高い結果に
◆購入時に払ってもよいと考える金額の上限:1位は「1万~2万円」(22.5%)
 au・ソフトバンクは「1万円未満」が約半数、ドコモでは「1万~3万円」が4割以上
◆この春の購入予定:「予定なし」半数、「予定あり」「検討中」合わせて3割超える 
 2年以上前に購入したユーザーが買い替えを意識か
◆購入時に重視する点:「価格」が断トツの1位、2008年調査よりも26.7ポイント増加 
 消費者は価格と操作性を重視する傾向に?

今回の調査は、携帯電話に対する消費者のコスト意識の高まりを強く印象付ける結果となり
ました。
この1年以内に購入したユーザーの購入価格は「0円」が約15%でトップとなり、購入にかけ
られる限度額も「1~2万円」が最多回答となっています。
また、1年ほど前の調査と比較しても、携帯電話の買い替えサイクルは確実に長くなり、2年以上
携帯電話を使い続けているユーザーが全体の3分の1を占めることがわかりました。
そして、携帯電話を選ぶ際に重視するポイントも、以前は「使いやすさ」や「デザイン」
「機能」などが上位に位置していましたが、今回の調査ではこれらの項目を大きく上回り、
「価格」がトップとなっています。
これは、今までの調査では見られなかった特徴で、消費者のコスト意識が相当高まっていること
を裏付ける結果となっています。

【調査パネルについて】
調査エリア:全国
調査対象:価格.comID 登録ユーザー
調査方法:価格.comサイトでのWebアンケート調査
回答者数:8,691人 
男女比率:男87.2%:女12.8%
調査期間:2010年3月9日~2010年3月15日
調査実施機関:株式会社カカクコム
※四捨五入による端数処理のため、合計が100%にならないことがあります。

詳細はPDF資料をご参照ください。

また、価格.com上でも詳細結果をご確認いただけます。
(リンク »)

リサーチ結果のバックナンバーはこちら
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]