編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

プライベートクラウドサービスが可能なFatWireパートナーを発表

FatWire株式会社

From: PR TIMES

2010-07-20 10:27

プライベートクラウドサービスが可能なFatWireパートナーを発表

FatWire株式会社はエンタープライズ向けWeb CMSであるFatWire Web CMSを「プライベートクラウド」でハードウェア、データベース、ミドルウェアなどと合わせて運用し、顧客へFatWire Web CMSを「サービスとして提供する」ことが可能なFatWireパートナーを発表しました。

FatWireパートナーが行う「プライベートクラウド」とは、顧客はFatWire Web CMSの「使用許諾権」を持ち、月額使用料等を支払いサービスとしてFatWire Web CMSを利用する方式で、FatWireパートナーはデータセンターなどにハード、データベース、ミドルウェア、FatWire Web CMSをサービスを提供する顧客毎に揃え、顧客のニーズに合わせたカスタマイズを行ない、保守、メンテナンス、運用などを行うものです。

SFDCやGmailなどの「パブリッククラウド」と違い、「プライベートクラウド」は顧客毎にハード、ソフトが用意され、その顧客に限定したサービスを提供することで、強固なセキュリティーで自社のコンテンツ資産を活用し、運用コストなどの削減を図ることができます。
 
※FatWire Web CMSのプライベートクラウドサービスを提供するFatWireパートナー
 (サービス内容は各社にお問い合わせください)


 株式会社CSKシステムズ
  (リンク »)

 キノトロープスリーイント株式会社
  (リンク »)

 株式会社インターロジックス
  (リンク »)

 トライベック・ストラテジー株式会社
  (リンク »)

 株式会社ジークス
  (リンク »)  


※FatWireはWeb CMSの3つの価格モデルを発表
  (リンク »)

 FatWire株式会社
  (リンク »)

 お問い合わせ
  (リンク »)
 
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]