編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

『タワー オブ アイオン』ハロウィンイベント「オークルのいたずら」開催のお知らせ

エヌ・シー・ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2010-10-19 22:29

~かくれんぼや鬼ごっこ!カボチャの「オークル」と遊んでプレゼントをもらおう!~



PC向けオンラインゲーム『The Tower of AION(以下、タワー オブ アイオン)』を運営するエ
ヌ・シー・ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:Park, Sung Jun(パク ソンジュ
ン))は、2010年10月26日(火)から2010年10月31日(日)までゲーム内ハロウィンイベント
「オークルのいたずら(以下、本イベント)」を開催致します。

昨年のハロウィンイベント「オークル祭」に登場しました、アイオンの神様から唯一命を授けら
れたカボチャの「オークル」が再び登場致します。

本イベントでは、カボチャの「オークル」とミニゲームを2つ行います。

ミニゲーム1「かくれんぼ」では、首都に出現したカボチャの「オークル」が、実施エリア(※)
のどこかに隠れてしまいますので、お客様にはゲーム内アナウンスで流れたヒントをもとに「オ
ークル」を探し出していただきます。イベント時間内に「オークル」を発見いただくと、ミニゲ
ーム2へと進行致します。

ミニゲーム2「鬼ごっこ」では、「かくれんぼ」でみつかった「オークル」がまたどこかへ消えて
しまいます。アナウンスが再度流れますと、実施エリア(※)に出現しますので、お客様には再
度出現した「オークル」を追いかけていただきます。
「鬼ごっこ」を実施している間「オークル」を発見して攻撃しますと、アイテムの詰まった宝箱
を落としますので、たくさん攻撃するほどアイテム獲得のチャンスが広がっていきます。

さらに「オークル」を倒しますと、本イベント実施ワールドの全てのお客様に対しまして、「パ
ンプキン マスク」をプレゼント致します。

ハロウィンにちなんだ本イベントで、カボチャの「オークル」と共にハロウィンの楽しいひと時
を是非お楽しみください。

『タワー オブ アイオン』は、美麗な3Dグラフィックと圧倒的な世界観、極限まで完成度を高め
たキャラクターカスタマイズや「天」と「魔」、2つの種族間の臨場感あふれる対戦を楽しめる次
世代のファンタジーオンラインRPGです。2010年6月15日(火)に「Episode1.9 明日への鼓動(プ
ロローグ)」アップデートを実装し、来る大型アップデート「Epispde2.0 新世界」に向かってま
すます盛り上がりをみせています。今後も様々なプロモーションを実施致しますので、今後の
展開にご期待くださいますようお願い申し上げます。


※)ミニゲーム1「かくれんぼ」実施エリア…ベルテロン(天族)、アルトガルド(魔族)
※)ミニゲーム2「鬼ごっこ」実施エリア…ポエタ(天族)、イスハルゲン(魔族)

■本イベントについて

【名称】
オークルのいたずら

【開催期間】
2010年10月26日(火)~2010年10月31日(日)
◎各ワールド天/魔ごとに22時~23時に開催

【概要】
カボチャの「オークル」と共にミニゲーム1「かくれんぼ」やミニゲーム2「鬼ごっこ」をして遊
ぶイベントです。「鬼ごっこ」を実施している間「オークル」を攻撃しますと、アイテムの詰ま
った宝箱を落とします。さらに、「オークル」を倒しますと、本イベント実施ワールドの全ての
お客様に対しまして「パンプキン マスク」をプレゼント致します。

【詳細ページ】
(リンク »)


※ 本文中に記載された日時は、諸般の事情により変更になる場合がございます。



【NC JAPAN コーポレートサイト】タワー オブ アイオン紹介ページ
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エヌ・シー・ジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]