編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アドバタイジングドットコム・ジャパン、2011年、日本国内でのサービス開始から5年目を迎えるにあたり、アドネットワークのサービスを拡充「ダイナミックバナー」と「AdDesk」

アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2010-10-27 13:54

インターネット広告ネットワーク(以下、アドネットワーク)を運営するアドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:高橋正憲、以下アドバタイジングドットコム、URL (リンク ») )は、2007年5月にサービスを開始、来年2011年5月には節目となる5年目を迎えます。そこで、サービスの拡充・強化を図ることとし、本年11月には新たに、個々のユーザーにパーソナライズされたリターゲティング配信が可能になる「ダイナミックバナー」を、また2011年春には広告主のニーズに合わせて細かな広告配信をセルフスタイルで設定可能な「AdDesk」を提供する予定であると本日発表しました。

「ダイナミックバナー」は、アドバタイジングドットコムが提供してきたリターゲティングメニューに、新たな価値を付加するものとしてサービス提供されます。従来のリターゲティングで配信するバナーと異なり、ユーザーの広告主内での閲覧履歴などを基に、個々へのリコメンド商材などをリアルタイムにバナー内に反映することが可能です。ユーザーが欲しい情報を、ネットワーク内でリコメンドできるサービスとして米国ではすでに成功実績が豊富にあります。「ダイナミックバナー」は、本年11月下旬からサービスを開始します。

「AdDesk」は、広告主が自社のターゲットに合わせ細かい配信条件を選定しアドバタイジングドットコムネットワーク内での広告配信を広告出稿者自身で設定し配信できるサービスです。配信先の選択から入稿、レポートまでが一元管理できることで、広告主の様々なニーズに応えることが可能となります。本システムは、すでに米国において実用化されており、すでに200社以上の広告主が活用しています。日本では、来年2011年春の運用開始をめざし、現在、準備を進めています。

これらの新サービスについては、明日10月28日(木)から始まる「adtech tokyo 2010 」(会期:10月28日(木)・29日(金)、会場:東京・芝「ザ・プリンスパークタワー東京」、URL (リンク ») )のアドバタイジングドットコム展示ブース(小間番号40)でデモを交え紹介する予定です。

アドバタイジングドットコムは、現在、日本国内で管理・運営されているインターネットポータルサイト、ニュースサイトはじめとする約200のプレミアムサイトに、毎月約30億インプレッションのディスプレイ広告(バナー広告)を配信しています。

本年9月時点で、日本における弊社アドネットワークへのユニークビジターはおよそ4,800万人、広告到達率はインターネットユーザー全体の66%に達するなど、国内最大規模のアドネットワークに成長しました。

本日発表した「ダイナミックバナー」と「AdDesk」は、このようなネットワークの規模という実績に基づいて実現できるアドネットワークの新サービスとして捉えています。今後もより広告主には効果的なインターネット広告を届け、インターネットユーザーには利便性の高い情報提供を可能にするものと期待しています。


【アドバタイジングドットコム・ジャパン株式会社】
アドバタイジングドットコムは、2007 年5月に三井物産株式会社と米国最大規模のアドネットワークであるAdvertising.com Inc.(現AOL Advertising)の2社が共同出資して日本におけるサービスを開始しました。米国AOL Advertisingが運営するアドネットワークは全米のインターネット人口に対し約90%のリーチ率を誇る全米最大のアドネットワーク運営者であり、イギリスでも同様の展開をおこなっております。


■本件に関する報道関係者お問合せ先
アドバタイジングドットコム広報代理
エンカツ社 宇於崎(うおざき)
TEL.03-5776-2566 FAX:03-5776-2567 メール:press@enkatsu.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]