編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

旅行総合情報サイト『フォートラベル』、海外旅行ガイドを大幅リニューアル

フォートラベル株式会社

From: PR TIMES

2010-11-10 11:53

株式会社カカクコム(東京都文京区 代表取締役社長 田中実、東証コード:2371、以下 カカクコム)の子会社である、フォートラベル株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長 井上英樹、以下フォートラベル)は、運営する旅行総合情報サイト『フォートラベル( (リンク ») )』において、海外旅行ガイドページを大幅にリニューアルしました。

『フォートラベル』が2010年5月にサイト利用者を対象に実施したアンケートによると、旅先選定の際に参考にする情報源では、「旅行情報サイト」と回答した人が約5割と、他のメディアに比べて多く、ニーズが高いことが分かりました。また、旅行先選びのトレンドとして、「目的重視」で旅先を選ぶ人が年々増加傾向にあることも伺えました。
そこでフォートラベルでは、こうした旅行者のニーズに応えるべく、リニューアルを実施することにしました。

サイトリニューアルのコンセプトを“旅行先選びのお手伝い”とし、これまで『フォートラベル』に蓄積されてきたユーザーからのリアルな旅行情報を、観光地やホテル、ショッピングなどの各カテゴリに分けてランキングやチャート式で紹介。サイトデザインやナビゲーションも一新し、様々な切り口からエリア情報を提供することで、旅行先選びを、より楽しく便利にサポートします。


【海外旅行ガイド リニューアル概要】
・ユーザー投稿による各エリア情報を「旅の目的」別にランキングで紹介
今回のリニューアルによって、従来は、「旅行記」、「クチコミ」、「旅行写真」などのサービス別になっていたカテゴリ分類を、「観光」、「ホテル」、「グルメ・レストラン」、「ショッピング」など、旅行を計画する際のニーズが高い「旅の目的」に合わせてカテゴライズし、ランキングで表示しました。
これにより、ユーザーが必要とする情報を横断して引き出せるようになりました。

・各エリアの旅行スタイルを分析して紹介
『フォートラベル』に投稿されたリアルなクチコミ情報から、旅行者の旅のスタイルを分析し、該当エリアの旅のテーマ、同行者、利用したエアライン情報、旅行予算の目安などを掲載開始しました。また、現地の気になる基本情報(治安や両替、気候・服装・チップの相場など)を項目ごとに分類し、
実際旅行をする際に必要となるいきた現地情報の充実を図りました。

今後は、国内版のリニューアルも予定しており、『フォートラベル』は、旅行選びのファーストコンタクトメディアとしてご利用いただけるよう、引き続きサービスの追加、改善に努めて参ります。

【旅行総合情報サイト『フォートラベル( (リンク ») )』について】
2004年1月にサイトを開設。ユーザーが実際に体験した国内外の旅行情報のほか、ツアー・ホテル・航空券などの旅行商品を一括で比較・検索できるサービスを提供。
「旅行の準備から、旅行に行った後まで、旅行者の旅行活動全体をサポートする」をコンセプトに、「旅行者」と「旅行業界」が旅行について情報交換できる「旅行業界横断型のコミュニケーションプラットフォーム」の構築を目指しています。
2010年10月現在、会員から投稿された旅行記は45万冊、累計クチコミ件数14万件、旅行写真投稿枚数約1,000万枚。月間利用者数380万人、月間ページビュー2,999万PV。


【フォートラベル株式会社について】
2003年10月設立、2005年1月より株式会社カカクコムの子会社
事業内容:旅行総合情報サイト『旅行のクチコミサイト フォートラベル』の企画・運営
所在地 :東京都新宿区下宮比町2-26 共同ビル5F
代表取締役社長:井上 英樹


【問い合わせ先】
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-26 共同ビル5F
mail:press@4travel.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]