ESETが予測する2011年の脅威トレンド

キヤノンITソリューションズ株式会社 2011年01月19日

From PR TIMES

「ESETが予測する2011年の脅威トレンド」を、キヤノンITソリューションズのホームページにて公開

2011年、ITセキュリティの世界はどのように推移するのでしょうか。今年の新たな脅威やトレンドについて世界中のESET関係者――シニアリサーチフェローであるDavid Harleyや新たに設立されたCyber Threat Analysis Center(CTAC)の研究者など――が予測しました。


続きはこちらで
↓↓↓↓↓

「ESETが予測する2011年の脅威トレンド」
 【 (リンク ») 】


〔ESET社について〕
1992年に設立されたESETは、企業およびコンシューマ向けのセキュリティソフトウェアを提供する世界的な企業です。数々の賞を獲得している総合セキュリティソフト「ESET Smart Security」とウイルス・スパイウェア対策ソフト「ESET NOD32アンチウイルス」は、既知および未知のウイルス、スパイウェア、rootkitといった各種マルウェアに対するリアルタイムの保護機能を提供します。日本国内では、キヤノンITソリューションズ株式会社がESET社製品の総販売代理店です。


「ESET Smart Security」「ESET NOD32アンチウイルス」製品紹介ページ
 【 (リンク ») 】

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]