2011年7月12日 究極のエコバケーション!? トリップアドアバイザー「世界の人気ヌーディストビーチ15選+α」を発表 〜日本人旅行者の44%がヌーディストビーチで裸で過ごせると回答〜

トリップアドバイザー株式会社 2011年07月12日

From PR TIMES



世界最大の旅行クチコミサイト「TripAdvisor(R)」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本考伸、 (リンク ») )は、トリップアドバイザーに投稿されている口コミなどをもとに厳選した、「世界の人気ヌーディストビーチ15選」( (リンク ») )を発表しました。また、日本版サイト上でアンケートを実施し、回答した980人のうち44%がヌードディストビーチで裸で過ごすことができると回答し、できないと回答した45%と、ほぼ同数という結果になりました。

海外、特にヨーロッパでは、ビーチやプールサイドで全裸で過ごしたり、さまざまなアクティビティを楽しむことをナチュリズムと呼び、専用のビーチやリゾート施設が数多く知られています。今回のリストは口コミでの評判をもとに、世界の人気ヌーディストビーチ15カ所を厳選したもので、全裸でなければ入れないヌーディストオンリーのビーチから“Clothing Optional”と呼ばれる、裸で過ごすことも許可されているビーチまで、各国の人気ビーチが選ばれています。口コミには、裸で過ごすことを旅の目的にしているナチュリストから、たまたま“Clothing Optional”のビーチを訪れて、裸で過ごすことの気持ちよさに目覚めた旅行者まで、さまざまな意見が投稿されています。

以下、人気ヌーディストビーチと、投稿されている口コミをご紹介します。

「リトル バナナ」 ギリシア/スキアトス島
(リンク »)
「人前で全裸になるなんてあり得ない…そう考えているとしても大丈夫です。私も最初の2分ほどは恥ずかしかったですが、すぐにリラックスして楽しむことができました」

「エスト レンク」 スペイン/マヨルカ島
(リンク »)
「周囲から隔離された美しいビーチで、着ているものは砂浜の上に脱ぎ捨てて過ごすことができます」

「プラヤ ソンリサ」 メキシコ/コスタマヤ
(リンク »)
「スイミングやスノーケリング、カヤッキングなど、さまざまなアクティビティを裸のままで楽しめます。ただ強調しておきたいのは、裸になるかどうかは自由に選択でき、プレッシャーはありません」

「グランド サリーン ビーチ」カリブ諸島/サン バルテルミ−島
(リンク »)
「ヌードビーチは初めてでしたが、裸になるのはとても素晴らしく、帰りたくなくなるほどでした」

「オリエント ビーチ」 カリブ諸島/セントマーチン島
(リンク »)
「ビーチの南側はヌードセクションで、自由に歩くことができます。ただしカメラは禁止です」

「パラダイス ビーチ」 ギリシア/ミコノス島
(リンク »)
「あらゆるタイプの裸の人たちが、いたるところにいます。美しい人も、そうじゃない人も」

「プラヤデマスパロマス」 スペイン/カナリア諸島
(リンク »)
「広々とした砂丘の向こうに、とても美しい黄色い砂のビーチがあります」

「サムライビーチ オーストラリア」/ポートスティーブンス
(リンク »)
「ここは“Clothing Optional”なので、裸で泳ぐことができます」

「ヴァラルタ ナチュラリスト キャンプ」 クロアチア/ロヴィニ
(リンク »)
「フランスやスペインのナチュラリストリゾートのように洗練されてはいませんが、それを補ってあまりある素晴らしい立地です」

「キャプダグドナチュラリストヴィレッジ」 フランス/キャプダグド
(リンク »)
「ショッピングも銀行も食事も散歩もビーチも、全部裸で行くことができます」

「レッドサンドビーチ」 ギリシア/クレタ島
(リンク »)
「ここでは多くの人が裸で日焼けしたり泳いだりすることを選んでいます」

「ガニソンビーチ(サンディフック)」 アメリカ/ニュージャージー
(リンク »)
「太陽の下で楽しみましょう。ここなら水着の日焼け跡なんてできません」

パンプローヌビーチ フランス/コートダジュール
(リンク »)
「特にビーチの南側は“Clothing Optional”のエリアなので、本当の自由を味わうことができます」

サングレゴーリオ プライベートビーチ アメリカ/カリフォルニア
(リンク »)
「このビーチでたった一つだけ許されていないことがあります。それは写真をとることです」

レックビーチ カナダ/バンクーバー
(リンク »)
「身につけているものを脱ぎ去って、最高の時間を過ごしましょう」

 また日本語サイト上で2011年6月に実施したアンケートでは、「あなたはヌーディストビーチで裸で過ごすことができますか?」という質問に対して、回答した980人のうち44%が「はい」、45%が「いいえ」、10%が「わからない」と回答しました。トリップアドバイザーが2010年に実施した欧米各国でのアンケートでは、すべての国で「はい」が「いいえ」を上回っていたことに比べればやや低いものの、裸になれる日本人と裸になれない日本人は、ほぼ同数という結果になりました。各国の結果は以下の通りです。

日本
はい 44%
いいえ 45%
わからない 10%

アメリカ
はい 49%
いいえ 32%
わからない 19%

イギリス
はい 48%
いいえ 29%
わからない 23%

ヨーロッパ
はい 55%
いいえ 19%
わからない 26%


トリップアドバイザーとは:
2000年2月創設、本社はマサチューセッツ州ニュートン。現在30カ国21言語でサイトを展開し、月間ユニークユーザー数4000万人、会員数2000万人を誇る世界最大の旅行サイトです。2008年10月より日本語によるサービス( (リンク ») )を、2010年4月にはモバイルサイト( (リンク ») )をスタート。「楽しい旅のプランニングをお手伝い」をミッションに、約4500万件以上のクチコミや旅行情報を掲載しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]