編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

GNTグループ会社・ICJ、欧米の音楽配信でSpotifyと提携 ~国内音楽事業者取りまとめ楽曲配信を橋渡し、初年度10,000 曲の配信を目指す~

株式会社GNT

From: PR TIMES

2011-09-28 15:16



 モバイルインターネットサービスを提供する株式会社GNT(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ホー・トゥン・ラム、 (リンク ») 、以下GNT)のグループ会社で音楽配信事業を行う株式会社ICJ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ホー・トゥン・ラム、以下ICJ)は、日本国内音楽事業者の欧米での配信を橋渡しする事業を本年11月より開始します。

配信に当たってスウェーデンに本社を置く楽曲配信事業者Spotify(スポーティファイ、CEO:DanielEk、 (リンク ») )と本年9月に業務提携。日本国内にある大手、中堅中小の音楽事業者を取りまとめ、Spotify の1,200万人超の会員に向け、同社のサービスを通じて楽曲を販売し、初年度10,000曲の配信を目指します。

新事業は、GNTのグループ会社で音楽コンテンツの配信サービスを手がける株式会社ICJが担当し、国内の配信サービスで提携関係にある約100社の音楽事業者が保有する、主にヨーロッパやアメリカで人気の高いビジュアル系アーティスト・アニメ・アジアのアイドルの楽曲を中心に、全て取りまとめてSpotify のサービスに提供。

サービスを利用する会員の利用料から一定の手数料を徴収した上で、ICJが原盤使用料として音楽事業者(楽曲の原盤の権利を保有している音楽レーベルなど)に料金を支払う仕組みです。今後は、ICJが国内のメジャー・インディーズレーベルなどの音楽事業者の新規開拓も行っていきます。


■ 音楽配信サービス「Spotify」について

楽曲のストリーミングサービスを中心に、ダウンロードサービスも含めた音楽配信サービスを、欧米を中心に提供。提供楽曲数は1,500万曲以上を揃え、1,200万人超の会員(うち有料会員160万人)が利用しています。

サービスの中心となるストリーミングサービスは、旧来のデジタル音楽配信のように楽曲ごとに1曲ずつ購入し、モバイル端末やPCなどのハードウェアにダウンロードし再生するサービスとは異なり、月次の定額料金を支払えば聞き放題である事が特徴。クラウド型の音楽配信技術をサービスに用いており、利用者は、「Spotify」のデータセンターにあらかじめ登録されている楽曲ファイルを元に、自分が聴きたい楽曲のリストを送信するだけで、様々な機器で視聴することができます。



― ご参考 : 企業情報 ―

■ Spotify社について

デジタル音楽サービスで高い評価を得るSpotify は、オンラインアクセスで視聴できる1,500 万以上の楽曲を提供しています。楽曲の検索や管理、友人との音楽の情報共有の機能を使いやすくし、全ての人達が世界中の音楽を、いつどこにいても、聞きたいと思ったタイミングで聞けるようにしています。またそれと共に、アーティストにとってフェアな楽曲配信環境を提供しています。

社  名 : Spotify( (リンク ») )
代 表 者: Daniel Ek CEO
事業内容: 2008年10月より、音楽ストリーミングサービス「Spotify」の提供
(2011年7月末現在の提供国は世界8カ国、アメリカ、イギリス、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、フランス、ニュージーランド、スペイン)
提携企業: Sonos、Logitech(R)、onkyo、Shazam ほか多数


■ ICJについて

社  名 : 株式会社ICJ( (リンク ») )
代 表 者: 代表取締役 ホー・トゥン・ラム
所 在 地: 東京都渋谷区渋谷3-11-2 渋谷パインビル5・6F
設  立 : 2003年10月10日
資 本 金: 9,000万円
事業内容:
・インターネットなどの情報通信ネットワークによる音楽及び映像の配信業務
・レコード原盤、映像原盤の企画、制作、管理及び販売


■ GNTについて

社  名 : 株式会社GNT( (リンク ») )
代 表 者 : 代表取締役 ホー・トゥン・ラム
所 在 地 : 東京都渋谷区渋谷3-11-2 渋谷パインビル5・6F
設 立 : 2000年5月12日
資 本 金 : 1000万円
事業内容 : 総合モバイルサービス
・ソーシャルメディア事業
・モバイルコンテンツ事業
・モバイルコマース事業
・クロスマーケティング事業
・モバイル広告事業


【本件に関する音楽事業者の方々からのお問い合わせ】

株式会社ICJ エージェント事業部 担当 沢井
電話 (03)5766―6003 メール mopd@i-chart.co.jp

【本件に関する報道関係者の方々からのお問い合わせ】

株式会社GNT 広報本部 担当 伊藤
電話 (03)5766―6001 メール press@gnt.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]