編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

業界最小の消費電流で高速応答が可能な電圧コンパレータを発表

STマイクロエレクトロニクス

From: PR TIMES

2011-12-09 11:46



エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する
世界的半導体メーカーで、スタンダードICの主要サプライヤであるSTマイクロ
エレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、応答時間に対する消費電流の比率が
市場で最も優れた高速電圧コンパレータを発表しました。

STの高速電圧コンパレータであるTS3011は、データ通信機器等に搭載される、
高速応答が不可欠なアプリケーションを対象としています。例えば、信号に
ノイズが発生しても、遅延が最小化されているために瞬間的なデータ回復が保証
され、障害のない通信トラフィック・フローが維持されます。高速応答コンパレ
ータは、オーディオ・アンプ向けパルス幅変調、オシロスコープやADコンバータ
の出力バッファにも使用することができます。

シングル・コンパレータTS3011は、市場のその他のソリューションより約50%
少ない僅か470 μA(5 V)という供給電流で、8 ns(ナノ秒)の伝搬遅延を達成
しています。この卓越した電力効率により、顧客は従来より消費電力と環境への
影響が少ない製品を設計することができます。

TS3011は、プッシュプル出力のため、プルアップ抵抗が不要で、2.2 V~5 Vの
動作電圧時にレール・ツー・レール入力が可能です。また、幅広い動作温度範囲
(-40℃~+125℃)で安定した応答時間を提供します。そして優れたESD
(Electrostatic Discharge Protection)機能とラッチアップ耐性(200 mA)が
堅牢なソリューションを実現します。

小型SMDパッケージで提供されるTS3011は、通信および産業分野における信号
調整アプリケーションを対象としています。同製品は量産中で、単価は1,000個
購入時に約1.05ドルです。大量購入時の単価については、お問い合わせください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な
技術力と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)
ポートフォリオ、戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することに
より、マルチメディア・コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて
他社の追随を許さないリーダーとなることを目指しています。2010年の売上は
103.5億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人: (リンク »)
STグループ(英語): (リンク »)

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL: 03-5783-8250 FAX: 03-5783-8216


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]