フリースケール、製品グループを再編成

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社 2011年12月19日

From PR TIMES

テキサス州オースチン-2011年12月15日-フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は本日、上席副社長兼ネットワーキング・マルチメディア・グループ担当ジェネラル・マネージャを務めてきたリサ・スーが今年末にフリースケールを退職することを発表しました。

またフリースケールは、ネットワーキング・マルチメディア・ソリューション・グループ(NMSG)とオートモーティブ・インダストリアル・ソリューション・グループ(AISG)という2つの新しい戦略的製品グループを創設することを発表しました。重要なリソースをそれぞれの市場分野に適切に投入できるよう組織を再編成することで、フリースケールは、自動車、ネットワーキング、産業、民生の各市場において、さらに高度な統合性を備えたソリューションを提供し、リーダーシップを強固なものとします。

新しく創設されるNMSG製品グループは、ネットワーキング、マルチメディア、RFおよびセルラー製品を担当し、ジェネラル・マネージャには上席副社長のトム・デートリッヒが就任します。AISG製品グループは、マイクロコントローラ、アナログおよびセンサ製品を担当し、ジェネラル・マネージャには上席副社長のレザ・カゼロニアンが就任します。

会長兼CEOのリッチ・ベアは次のように述べています。「私たちは常にお客様の声に耳を傾けており、そのニーズを満たす最適なソリューションを提供するため、業務の再編成を行います。トム・デートリッヒとレザ・カゼロニアンが率いる2つの製品グループは、統合性と効率性を高め、今まで以上に的確にお客様に貢献できるでしょう。重要なポジションに就任した両者は、必ずや期待に応えてくれるはずです。また、リサ・スーには、長年にわたる貢献に感謝しつつ、今後の活躍を祈っています。」



フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、自動車用、民生用、産業用、およびネットワーキング・マーケット向け組込み用半導体のデザインと製造の世界的リーダーです。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、 (リンク ») (英語)、または (リンク ») (日本語)をご覧ください。


FreescaleならびにFreescaleのロゴマークは、米国、またはその他の国におけるフリースケール社の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれ各社の商標です。

(C)2011フリースケール・セミコンダクタ・インク


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]