若者の海外旅行離れは間違い! 「20歳の旅行スタイル」を公開

トリップアドバイザー株式会社 2012年01月10日

From PR TIMES



トリップアドバイザーは、旅行に関するさまざまな情報をインフォグラフィックにして毎週公開する「tripgraphics(トリップグラフィックス)」の第19回「20歳の旅行スタイル」を公開しました。

(リンク »)

2011年の新成人の旅行ファンションや旅の必需品を、今年20歳になる新成人が生まれた1992年の新成人と比較してみました。

また、昨今叫ばれている若者の海外旅行離れに関して20年前と比較したところ、全出国者中に若者(20-25歳)が占める割合は13%から7%に大きく減少。しかしこれは単純に人口に占める若者の割合が減っているためであり、20-25歳の中で海外旅行をした人の割合を比較すると、20年前の16%から17%と、逆にわずかながら増えており、個々の若者の旅行意欲は、20年前と比較してまったく減っていないことがわかりました。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]