フリースケール、リッチなディスプレイ/マルチメディア機能を必要とするリアルタイム・ システムの設計に革新をもたらすVybridコントローラ・ソリューションを発表

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社 2012年04月02日

From PR TIMES

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、リッチなヒューマン・マシン・インタフェース(HMI)やコネクティビティ、厳格なリアルタイム制御/応答性を必要とするアプリケーションの開発を劇的に簡素化する新しい「Vybrid(バイブリッド)」コントローラ・ソリューション・ポートフォリオを発表しました。Vybridは、長年に渡りマイクロコントローラ開発とマルチコア設計をリードしてきたフリースケールの技術をベースとし、独自の非対称型マルチプロセッシング・アーキテクチャ・プラットフォームを確立しました。新しいVybridコントローラ・ソリューションは、Kinetis(キネティス)マイクロコントローラやi.MX(アイドット・エムエックス)アプリケーション・プロセッサとともに、ARM 32ビット・アーキテクチャをベースとする広範なポートフォリオを形成します。

Vybridは、ビルディング/ホーム・オートメーション/制御、産業オートメーション、POSシステム、患者モニタなどの医療機器、エネルギー・メータやデータ・コンセントレータなどのスマートエナジー機器、ならびに各種家電製品といった幅広いアプリケーションに理想的です。また、IEEE 1588やスマートエナジー2.0、低消費電力Wi-Fi、Bluetooth Low Energy、電力線通信(PLC)など、低消費電力性能と厳格なリアルタイム性が求められる各種の有線/無線ネットワーク通信プロトコル機器や、その他さまざまな独自プロトコル通信インタフェースにも適しています。

フリースケールの上席副社長兼オートモーティブ・インダストリアル・マルチマーケット・ソリューション・グループ担当ジェネラル・マネージャであるレザ・カゼロニアンは、次のように述べています。「フリースケールは、リアルタイム制御が重視される従来型のアプリケーションに先進的なユーザ・インタフェースを追加する際に生じるさまざまな課題に対応するべく、新しいVybridコントローラ・ソリューションを開発しました。Vybridプラットフォームにより、フリースケールは、一半導体メーカーという枠を超えて、包括的なソフトウェア/ハードウェア・ソリューション・プロバイダとなり、リッチなアプリケーションとリアルタイム制御の両方を必要とするシステムを容易かつ迅速に開発できるようにします。」
 
リアルタイム制御を必要とする多彩なアプリケーションをワンチップで実現
産業システムでは従来、グラフィカルなディスプレイ機能とリアルタイム制御機能を実現するために複数の製品を必要としてきました。Vybridソリューションの場合、非対称型マルチプロセッシング・アーキテクチャを通じて、ワンチップでHMIとリアルタイム制御双方のニーズを処理できるため、部品点数を削減し、システムの複雑性が軽減されます。最初のVybrid製品となるVFシリーズは、エネルギー効率に非常に優れたARM(R) Cortex-A5コアとARM(R) Cortex-M4コアを組み合わせて、それぞれ、ハイレベルのオペレーティング・システム(HMIやコネクティビティ、処理性能のニーズに対応)と、リアルタイム・ドメイン(安全かつセキュアなリアルタイム性を実現)を管理します。Vybridコントローラ・ソリューションは、ハードウェアと密接に連動したソフトウェア環境を活用し、2つのオペレーティング・システム(例:Linuxとフリースケール製MQXなど)の間で同時通信を可能にします。

VFシリーズのハードウェア実装では、ARM Cortex-A/Cortex-Mコア向けに利用可能な広範なエコシステムを容易かつ効果的に利用することができます。この利便性を備えたVybridコントローラ・ソリューションは、厳格なリアルタイム性能が必要とされる産業アプリケーションの開発において、今日の市場に存在する他のリアルタイム処理ソリューションと比較してはるかに魅力的なオプションとなります。

市場調査会社Linley Groupの上級アナリストで『マイクロプロセッサ・レポート』の編集主任を務めるTom R. Halfhill氏は、次のように述べています。「非対称型マルチコア・システムは、リアルタイム制御と直感的なユーザ・インタフェースを必要とする組込みアプリケーションに理想的です。たとえば、ファクトリ・オートメーション、医療機器、家電製品などがターゲット・アプリケーションになります。フリースケールのVybridコントローラ・ソリューションは、ARMが推進する“Big.LITTLE”戦略の新たな一翼を担います。Cortex-A5アプリケーション・コアとCortex-M4マイクロコントローラ・コアの統合を通じて、リアルタイム制御、通信、ユーザ・インタフェースといった機能が追加されます。また、仮想ハードウェア・モデルにより、設計プロジェクトにおいてますます開発期間を必要とするようになっているソフトウェア開発を加速することができます。Vybridは、部品点数を削減し、設計サイクルを短縮します。」

VFシリーズの主な特長
2つのARMコアをサポートし、フリースケールの高度な集積技術を活用したVybridプラットフォームは、多機能とコネクティビティ・オプションを提供します。主な特長は次の通りです。
・エラー訂正コード(ECC)を備えた最大1.5MBのオンチップSRAM
・ECCを備えたDDR3/LPDDR2コントローラ
・ダブル・データ・レート機能および直接実行(XIP)機能を備えたデュアル・クアッドSPI
・ECCを備えたNAND Flashコントローラ
・レベル2(L2)スイッチを備えたデュアルEthernetコントローラ
・ハイスピードPHYを内蔵したデュアルUSB 2.0 OTG
・映像/カメラ・インタフェースを備えたデュアル・ディスプレイ・コントローラ
・パルス幅変調(PWM)、デュアル・アナログ・デジタル・コンバータ(ADC)、デュアル・デジタル・アナログ・コンバータ(DAC)などのリアルタイムI/Oサブシステム
・OpenVG対応グラフィックス処理ユニット(GPU)
・複数のオーディオ・インタフェース
・暗号化アルゴリズム・アクセラレーションおよび改ざん検知機能を備えたセキュア・ブート

Vybrid VFシリーズは、フリースケールの長期製品供給プログラム(Product Longevity Program)の対象となっており、製品リリースから最低10年間の供給体制が保証されます。諸条件の詳細、ならびに利用可能な製品のリストについては、www.freescale.com/productlongevityのWebサイトをご覧ください。

包括的なシステム・ソリューション
Vybridコントローラ・ソリューションは、フリースケールが提供する強力な開発ツール・スイートによってサポートされます。たとえば、EclipseベースのCodeWarrior統合開発環境(IDE)、Processor Expertソフトウェア、フリースケール製MQXソフトウェア・ソリューション、PEG GUI開発ツール、迅速なプロトタイプ作成に対応するTower Systemモジュール型開発プラットフォームなどが用意されています。また、Vybridデバイスは、Green HillsのMULTI IDEやINTEGRITYランタイム・ソフトウェアなど、広範なARMエコシステムによってサポートされます。フリースケールとサードパーティの開発ツールを組み合わせることで、設計を加速し、実装上の課題に対処することができます。

Green Hills Softwareの最高技術責任者(CTO)であるDavid Kleidermacher氏は、次のように述べています。「フリースケールのVybridコントローラ・ソリューションは、組込みアプリケーションをめぐるソフトウェアの多様性や複雑性から生じる課題に対処する上で理想的です。Green HillsのスケーラブルなINTEGRITY RTOSファミリ、Multivisorセキュア仮想化、TimeMachineトレース・デバッグ/最適化コンパイラを組み合わせることで、組込み開発の複雑性を抑えつつ、次世代の高性能エレクトロニクス製品を開発することが可能になります。」

供給
Vybrid VFシリーズの最初のデバイスは、2012年第2四半期に特定顧客向けのアルファ・サンプル出荷を開始する予定です。一般向けのサンプル出荷や開発ツールの提供は2012年第3四半期に開始する予定です。

Vybridコントローラ・ソリューションの詳細については、www.freescale.com/VybridのWebサイトをご覧ください。

 
フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。


FreescaleならびにFreescaleのロゴマークは、米国、またはその他の国におけるフリースケール社の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれ各社の商標です。

(C)2012フリースケール・セミコンダクタ・インク


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。