業界最速水準となるクラウド基盤を提供~企業システムに必要な性能、品質、トータルサポートを実装したクラウド※基盤を月額1万円から提供~

インフォコム株式会社 2012年04月12日

From PR TIMES

詳細は下記URLをご参照ください。
(リンク »)

***********************************
 インフォコムグループは、新中期経営計画(平成24年2月6日公表)で基本方針の1つに位置付けている「業容拡大に向けた“進化”企業向けITサービス」において、新たなビジネスモデルの積極的な推進を図るべく、業界最速水準となる高速ストレージを採用した次世代クラウド基盤「info-cloud platform service」(インフォクラウド プラットフォームサービス)の提供を開始いたします。
 企業システムの導入に必要な高性能、高品質かつセキュリティを完備した基盤を実現し、更に長年のSI経験に基づく当社の運用サービスを提供することで、企業が安心して任せられるクラウド基盤環境を安価に提供いたします。

 インフォコム株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長 竹原 教博、以下インフォコム)は、平成21年9月より自社データセンター※で運用する仮想化基盤を活用した仮想化ホスティングサービスを提供し、多くのお客様にご利用いただいております。
 今回新たに構築した次世代クラウド基盤において、業界最速水準となる高速ストレージを採用し、クラウドに移行するには性能やセキュリティ面で不安という企業向けに、ハイパフォーマンスで安全性に優れたクラウド型プラットフォームサービス「info-cloud  platform service」を平成24年4月12日より提供開始いたします。

 クラウドコンピューティングの普及により、Web系コンテンツなどを先行としたクラウド利用が一般的になりつつある中、企業の情報システムにおいても、物理サーバを所有して自社で運用する従来型の形態から、外部事業者が提供するクラウド基盤サービスを利用する形態への移行が進んでおります。このクラウド基盤サービスを利用することにより、企業は大規模な設備投資することなく、常に最新のシステムを必要な時、必要なだけ利用できるほか、運用コストを抑えることができます。一方で、高い管理レベルが求められる企業システムの運用基盤においては、データ量の増大によるディスクアクセスなどのパフォーマンス低下懸念やセキュリティ面が不十分といったことなどからクラウド基盤利用に不安と抵抗があることも事実です。

 当社は、性能、品質、サポート面を更に進化させた企業システム向けに最適な次世代クラウド基盤を安価に提供します。

【新サービス基盤の特長】
 今回提供する「info-cloud platform service」は、企業向けクラウド基盤に特化したインフラサービスを月額1万円(1仮想※サーバ)から提供します。エンタープライズ向けに圧倒的な導入実績を誇るVMware※をベースとし、メインのストレージには、VMwareに最適化されたSSDストレージTintri※を採用しました。業界最速水準となる高速ストレージにより、安定的な性能が求められる企業システムにも対応します。また、企業システムごとに明確なセグメント分離を実装し、ISO27001/ISO20000認証※を有する当社データセンターにおいて、長年のSI経験に基づいたきめ細かな運用サービスも提供いたします。

■サービス概要
サービス名:info-cloud platform service
特長:
1.クラウド業界最速水準の高速ストレージサービス
VMwareに特化したTintriのSSD(フラッシュ)ストレージを採用し、
ハイパフォーマンスで安定性に優れた仮想サーバを安価に提供。
2.企業向けクラウドに特化したインフラサービスを提供
ISO27001取得の高セキュリティと高信頼のサービス基盤を提供。
3.長年のSI経験に基づくきめ細かな運用サービス
ISO20000取得のビジネス要件にも対応した監視、運用サービスを提供。
価格:
基本サービス
月額利用料金 1仮想サーバ基本利用料 10,000円(税抜)
CPU1GHz、メモリ1GB、ディスク(高速タイプ)20GB
※ 月額利用料金はサーバリソース(CPU、メモリ、ディスク)の契約ボリュームによって変わります。
提供開始予定日:平成24年4月12日

【用語解説(五十音順)】

■ISO20000
平成17年12月にITサービスマネジメント(ITSM)に関する英国規格BS15000をベースに開発された国際規格で、組織のITサービスマネジメントが適切に実施されている事を第三者機関が審査・認証するもの。プロセスの定義ではITIL(IT Infrastructure Library:ITサービスマネジメントのベストプラクティスを集めたフレームワーク)を参照。

■ISO27001
英国BS7799-2規格をベースに平成17年10月に発行された情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格で組織の情報セキュリティマネジメントが適切に実施されている事を第三者機関が審査・認証するもの。
インフォコムデータセンターでは24時間365日の有人受付、非接触カードによる入退管理、静脈認証設備、館内各所への監視カメラ設置、24時間体制での常時監視等、高レベルのセキュリティ環境を整えデータセンターサービスを提供している。

■Tintri
Tintriは、米国Tintri社により開発されたVMwareに特化した専用ファイルシステムです。データのディスクへの読込み/書込み処理をSSDストレージ(フラッシュストレージ)からアクセスさせることで、高パフォーマンスを実現する。VMware社が開催するVMworld 2011にて、Hardware for VirtualizationのFinalist Awardを受賞している。

■VMware
VMwareは、米国VMware社により開発されたWindowsやLinux系OS上で、x86互換機を仮想的に作り出すソフトウェアです。サーバ仮想化市場で圧倒的なシェアを持ち、企業システム向けに多くの導入実績を有する。

■仮想化
1台のコンピュータの上で複数のOSを稼動する、または複数のコンピュータを1台のハードウェアであるかのように利用する技術。インフォコムでは、信頼性、拡張性、省エネ効果の高い仮想化基盤を活用して提供するコストパフォーマンスに優れた月額課金制の仮想化ホスティングサービスを提供している。

■クラウド
ネットワーク、特にインターネットをベースとしたコンピュータの利用形態。ユーザーはコンピュータ処理をネットワーク経由で、サービスとして利用する。従来のコンピュータ利用は、ユーザー(企業、個人等)がコンピュータのハードウェア、ソフトウェア、データ等を、自分自身で保有・管理していたのに対し、クラウドコンピューティングでは「ユーザーはインターネットの向こう側からサービスを受け、サービス利用料金を払う」形になる。インターネット経由の一般向けサービスを「パブリッククラウド」、業界内・企業内(ファイアーウォール内)等のサービスを「プライベートクラウド」と言う。当社グループでは提供するクラウドサービスを「info-cloud」と総称し、サービスの拡充に努めている。

■データセンター・サービス事業
自社保有のデータセンターで、システム運営の様々なニーズに的確に応えるワンランク上のデータセンター・サービスを提供している。最新の技術を駆使した仮想化基盤の強化を完了し、SaaS型ビジネスを積極的に推進するとともに、システム運用に関するコストパフォーマンスの向上やグリーンIT化に対応する顧客を支援する仮想化ホスティングサービスも提供している。ITサービスマネジメントシステムに関する国際認証(ISO20000)を有した信頼性の高いシステム運用によるITフルアウトソーシングサービスを提供する。

<サービスに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社
サーヒ゛スヒ゛シ゛ネス事業本部サーヒ゛スヒ゛シ゛ネス営業部
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel:03-6866-3330
E-mail:idc@infocom.co.jp
URL: (リンク »)

<リリースに関するお問合せ先>
インフォコム株式会社 広報・IR室長 松尾 宏治
東京都渋谷区神宮前2-34-17
Tel:03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL: (リンク »)
※本リリースに記載された会社名、サービス名及び製品名等は該当する各社の登録商標または出願中の商標です。









プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。