情報共有と円滑なコミュニケーションを実現する新機能をリリース

日本ワムネット株式会社 2012年05月21日

From PR TIMES



~ファイル共有からナレッジ(知識)の共有へ~

大容量デジタルデータ伝送サービス事業を展開する日本ワムネット株式会社(東京都中央区、社長:福井 信之)は、大企業や上場企業などを始め様々なお客様を対象とした、セキュアで安全・簡単に使えるファイル送受信・共有ソリューション「GigaCC ASP」に、クラウド上で電子ノートを作成し、ナレッジ(知識)の共有を実現する「共有ノート」機能をリリースしたことを発表しました。

GigaCCシリーズは、2003年のリリース以来、企業間でのファイル送受信、共有を安全・確実に行なうことができるツールとして、製造・金融・サービス・流通・メディアなどの上場企業や大企業を含む、多くの法人・自治体などで採用されています。
直感的なインターフェイスや、グローバルでのご利用にも最適な英語・中国語表示対応など、誰もが簡単に使える操作性ですぐれたユーザビリティを提供します。さらに充実した管理機能・セキュリティ機能によって、ご利用企業のポリシーに基づいた運用を実現することができます。

今回リリースするGigaCC ASP共有ノート機能は、企業内外のメンバーでプロジェクト業務を実施する際にやりとりされる、大量のメールによるコミュニケーションに比べ、クラウド上に作成された電子ノートを共有することにより、効率的な情報共有や意見交換を可能にする新しい機能です。共有ノート機能はGigaCC ASPの基本機能としてご利用いただけます。


【GigaCC ASP共有ノート機能概要】
■GigaCC ASP共有ノート機能を利用して、さまざまな情報やアイデア、発想を自在にクリップ
自分専用の「マイブック」、権限を持つメンバー間に公開される「共有ブック」上にある「ノート」に対して、コメントの書込みや、さまざまなデジタル素材のアップロードを行うことで、社内外メンバー間で情報の共有を行うことができます。
PCから「ノート」上へ関連ファイルをアップロードしたり、外出先や出張先で発見したアイデア・写真なども、メールで投稿することで新しい「ノート」の作成が可能です。

■コメント機能で円滑な業務コミュニケーション
共有ノートのコメント機能により、メンバー間の情報共有や意見交換を行うコミュニケーションツールとしてだけではなく、新製品の開発やプロジェクトの進捗・課題管理など、さまざまなシーンでご活用いただけます。

詳しくは以下のサイトからご確認いただけます。
(リンク »)

【日本ワムネットについて】
日本ワムネットは、住友商事の子会社でエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社等も出資する合弁会社です。大容量データを安全に伝送、共有、保管するサービスやWEBサイトのネットワークシステムの開発や販売事業を展開しています。

【サービス提供開始日】
2012年5月19日

【本件に関するお問合せ】
日本ワムネット株式会社 営業部 井澤(イザワ)
〒104-0033 東京都中央区新川1-5-17 パシフィックマークス新川9F
TEL: 03-5117-2150  FAX: 03-5117-2155
Email: japan.sales@wamnet.jp
Web: (リンク »)

本リリースに記載の社名、製品名、並びにサービス名は各社の商標または登録商標です


プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。