学習におけるスマートフォンアプリ利用調査(マクロミル×インモビ共同調査)

株式会社マクロミル 2012年06月21日

From PR TIMES



【1】「学習アプリ」を入れている人は51%。最も多いのは「英会話・英単語学習」アプリ
【2】学習アプリの魅力は「空き時間を有効活用できる」、「移動中に学習できる」こと。
   女性は「ゲーム感覚で学習できる」65%、「お金をかけずに学習できる」60%と男性の約2倍に
【3】学習アプリ使用者の2人に1人が「効果がある」と実感。
  「集中して学習できる」「頭に入りやすく、覚えやすい」などが理由に
【4】今後使ってみたい学習アプリ1位は「資格取得」。 学習アプリを使っている人の5割が検討


インターネットを活用した市場調査サービス「ネットリサーチ」の
リーディングカンパニーである株式会社マクロミルと、
世界最大級のモバイル広告ネットワーク「InMobi(インモビ)」を展開する
InMobi Pte. Ltd.(本社:シンガポール)の日本法人インモビ ジャパン株式会社は、
「学習におけるスマートフォンアプリ利用調査」を共同で実施しました。
調査期間は2012年5月15日~6月7日。
インモビがもつモバイル広告ネットワークを利用し、
国内のスマートフォン(以下、スマホ)ユーザー318人から有効回答を得ました。

【調査結果概要】
=====================================================================
【1】「学習アプリ」を入れている人は51%。
   最も多いのは「英会話・英単語学習」アプリ
=====================================================================
スマホユーザーに現在、学習アプリ(英会話・英単語学習、その他語学学習、漢字学習、資格取得等)を
入れているかを尋ねたところ、
5割以上がいずれかの学習アプリを入れていることが分かりました。
最も多いのは「英会話・英単語学習アプリ」52%で、
「雑学系学習アプリ」38%、「漢字学習アプリ」26%と続きました。

=====================================================================
【2】学習アプリの魅力は「空き時間を有効活用できる」、「移動中に学習できる」こと。
女性は「ゲーム感覚で学習できる」65%、「お金をかけずに学習できる」60%と男性の約2倍に
=====================================================================
学習アプリを入れている人に、学習アプリの魅力を聞いたところ、
「空き時間を有効活用できる」69%、「移動中に学習できる」58%、
「ゲーム感覚で学習できる」52%という結果になりました。
通勤・通学時間の移動中や空き時間に学習アプリを利用し、
気軽かつ効率的に学習する‘スマホ型’スタイルが支持されていることがうかがえます。
また、女性は「ゲーム感覚で学習できる」65%、「お金をかけずに学習できる」61%と、
男性のそれぞれ33%を大きく上回りました。
女性は男性に比べ、日常生活の中で学習アプリを気軽に利用していることが分かります。

=====================================================================
【3】学習アプリ使用者の2人に1人が「効果がある」と実感。
   「集中して学習できる」「頭に入りやすく、覚えやすい」などが理由に
=====================================================================
学習アプリを使用している人に、どのくらい効果があると感じているかを聞いたところ、
「効果がある」(非常に効果がある+やや効果がある)と答えた人は55%でした。
効果があると感じている理由としては、「頭に入りやすく覚えやすい」
「映像教材も使いながらできるので、学習効率がよいと感じる」などの意見があがりました。

=====================================================================
【4】今後使ってみたい学習アプリ1位は「資格取得」。
   学習アプリを使っている人の5割が検討
=====================================================================
学習アプリを使用している人に、今後使ってみたい(使い続けたい)と思う学習アプリを聞いたところ、
1位は「資格取得の学習アプリ」で50%でした。
続いて「英会話・英単語の学習アプリ」が47%、「雑学系学習アプリ」37%となっています。
特に「資格取得の学習アプリ」は、現在使っている人は19%にとどまっているものの、
50%の人が今後使用してみたいと答えており、関心の高さがうかがえました。


【調査概要】
調査方法:全国のスマートフォンユーザーを対象とした公開型調査。
     スマートフォンのアプリ内に表示されたバナーをクリックして、
     アンケート画面を表示して回答してもらいました。
調査地域:全国
調査対象:スマートフォンユーザー
有効回答数:合計318サンプル(10代~69歳男性118サンプル、女性200サンプル)
調査日時:2012 年5月15日(火)~6月7日(木)
調査機関:株式会社マクロミル


【株式会社マクロミル 会社概要】
株式会社マクロミルは、さまざまな企業の商品やサービス等に対する消費者の声を、
インターネットを活用して瞬時に集めるインターネット市場調査会社です。
国内100万人を超えるマクロミルモニタを調査対象として
迅速なネットリサーチを行う「QuickMill」のほか、
携帯電話を活用したモバイルリサーチ「MobileMill」、
世界各国の消費者を対象にした海外市場調査「GlobalMill」など
様々なネットリサーチサービスを展開しています。

社名 ■株式会社マクロミル
本社 ■東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー11F 〒108-0075
URL ■www.macromill.com
設立 ■2000 年1 月31 日
資本金 ■16 億4,390万円 ※2012 年6月1 日現在
上場取引所 ■東証一部 (証券コード:3730)
代表者 ■代表取締役会長兼社長 杉本 哲哉(すぎもと・てつや)
従業員数 ■580 名 ※2012 年5月末現在
事業内容 ■インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ)


【インモビ ジャパン株式会社 会社概要】
インモビは、2007年にインドで誕生した、世界最大級のモバイル広告ネットワークです。
主にアジア太平洋地域を中心にサービスを展開した後、
2010年初期には、欧米各国へ事業を拡大しました。
日本においても、2010年夏より、サービスを本格始動しました。
現在インモビは、世界165以上の国と地域で、5億7,800万人以上のモバイルユーザーに、
月間約934億インプレッションの配信をしています。
また近年では、リッチメディア広告の作成・配信の簡素化技術で業界をリードするSprout(スプラウト)を買収し、
リッチメディア広告の普及促進を加速させています。
この技術により、HTML5 リッチメディアモバイル広告の作成や配信を、
より簡単に行うことが可能となります。

(日本法人)
社名 ■インモビ ジャパン株式会社
本社 ■東京都千代田区 丸の内3-2-3 富士ビル 〒100-0005
URL ■japan.inmobi.com
設立 ■2010 年2 月22 日
事業内容 ■モバイル広告ネットワーク



プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マクロミルの関連情報

株式会社マクロミル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]