編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「これは単なるデザインではない」 谷川俊太郎×シラスノリユキ ~タイポグラフィアートとしての詩のカタチ~

株式会社スワログフィルム

From: PR TIMES

2012-10-29 11:23



株式会社スワログフィルム(代表取締役:島崎淳夫、本社:東京都港区、URL: (リンク ») ) は、もっと手軽にアートのある生活を楽しむことをテーマにしたグラフィックアートのオンラインストア「SWALLOG FILM」をオープンしました。

第一弾作品として、日本を代表する詩人である谷川俊太郎氏の詩をタイポグラフィアートにする企画を展開。今回、アートディレクター/プロダクトデザイナーのシラスノリユキ氏がアートワークを担当し、デビュー作『二十億光年の孤独』(1952)と『コカコーラ・レッスン』(1980)の2作品をグラフィックアートとして完成させました。

文字によって紡ぎだされた谷川俊太郎氏の世界が、図案として姿形を変え、どのように再創造されたのか。新たに構築された詩の世界が、空間を彩るグラフィックアートとしてお楽しみいただけます。

◇谷川俊太郎氏コメント

「日本語が宇宙語に翻訳されたかのようだ。意味を超えて波動となったコトバに、見る者は共振する。線と色と形が美しい暗号となって、私たち自身も知らない詩の異次元を予感させる。これは単なるデザインではない。」

-プロフィール-

1931年、東京生まれ。都立豊多摩高校卒。1952年、第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で文筆を業として今日にいたる。詩集に『21』、『ことばあそびうた』、『定義』、『日々の地図』、『世間知ラズ』、など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『ともだち』、『もこ もこもこ』などがある。

◇シラスノリユキ氏コメント

「谷川俊太郎氏に紡がれた、数々の“コトバ”たち。それぞれの作品を読んだときに感じることのできる“宇宙”を、一つのフレームの中に、“カタチ”として具現化しながら、読み込ませてみました。読むことも、見ることもできます。」

-プロフィール-
クリエイティブユニット、color / カラー 代表。モノ、コトの開発から、それらがどうヒトとのコミュニケーションを作り出すか、までを“ 一つのストーリー ”として、グラフィック、プロダクトデザイン、コピーライティング等により提案している。
独iFデザイン賞金賞、reddotデザイン賞最高賞等、受賞。

(リンク »)

■スワログフィルム/SWALLOG FILMについて
店舗URL: (リンク »)
“お気に入りのグラフィックが生活に彩りを加える。一枚のグラフィックが人生を一歩前進させる。”をコンセプトに、もっと手軽に生活にアートを取り入れることを目的としたオンライン・グラフィックアート・ストア。

今後もさまざまなグラフィックアート作品を発表してまいります。また、クリエーターの方からの作品(CG、イラスト、写真など)も広く募集しております。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]