編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

EMTGがPontaサービスを開始 ~業界初!!Pontaポイントでライブチケットの購入ができる~

株式会社ロイヤリティ マーケティング

From: PR TIMES

2012-11-01 11:49



 共通ポイントプログラム「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、 チケット転売防止を目的とした“会員登録制チケット販売サイト”を運営するEMTG株式会社(以下、「EMTG」)と提携し、EMTGが運営する会員登録制チケット販売サイト『EMTG -エンタテインメントミュージックチケットガード-』にて、2012年11月1日(木)より、Pontaポイントがたまる・つかえるサービスを開始します。

 本提携により、EMTGでの1.EMTG会員に向けた先行販売ライブチケットの購入(※1)、2.EMTG年会費のお支払いで、Pontaポイントがたまる・つかえるサービスを提供いたします。Pontaポイントは、1ポイントよりお支払い金額の一部としてご利用いただけます。Pontaポイントでライブチケットが購入できるサービスは、業界初となります。
今後は、EMTGサイト内のサービス・販売商品の購入(※2)においてもPontaポイントがたまる・つかえるサービスの提供も予定しています。
※1:チケット販売は、抽選販売となり、当選確定後にポイントが加算されます。チケット販売に関するお問い合わせは、EMTGまでお問い合わせください。
※2:一部のサービス・商品を除きます。

 またEMTGでは、コブクロの全国ツアー“KOBUKURO LIVE TOUR 2013 supported by glico”(2013年5月11日マリンメッセ福岡を皮切りに、全国5都市9公演)のチケットの一般発売に先駆け、会員先行予約を11月28日(水)より実施します。本会員先行予約より、チケットの購入でPontaポイントがたまり、お支払いにPontaポイントをご利用いただけます。

 LMは、今後もPontaのサービスを利用いただけるチャネルを広げ、Ponta会員の皆様の利便性をより高め、一層のサービス向上を目指し、「便利・おトク・楽しい」を提供してまいります。


[ 「EMTG」におけるPontaサービス概要 ]
■提携社名:EMTG株式会社
■事業内容:
 -アーティストの公式PC・モバイル・スマートフォンファンサイトの企画・開発・制作・運営
 -アーティスト公式ホームページとPCファンサイトとの連動システムの構築
 -チケット販売サイトEMTGの運営
 -アーティストグッズ販売システムの運営
■加算ポイント
 1.EMTG会員に向けた先行販売ライブチケットの購入 
 2.EMTG年会費のお支払い
 100円(税抜)につき1ポイント
■利用ポイント
 1.EMTG会員に向けた先行販売ライブチケットの購入
 2.EMTG年会費のお支払い
 1ポイント=1円 
 (※ 1ポイントよりお支払い金額の一部としてご利用いただけます。)
■URL: (リンク »)
■サービス開始日:2012年11月1日(木)


【『EMTG』について】
EMTGは、イベントを愛する人のための、チケット転売防止を目的とした“会員登録制チケット販売サイト”です。会員登録制にすることで、チケット代行取得業者や一部の人によるチケット独占購入・転売行為(オークションサイト等)を防ぎ、広く一般の方が正規価格チケットを入手し、参加していただけるようなサービスを行っています。


========================================
【共通ポイントプログラム「Ponta(ポンタ)」とは】
1枚のポイントカードで様々な提携企業の共通ポイントを、ためる、つかうことのできる便利でお得なプログラムです。会員数4,839万人(2012年9月末日時点)を有する日本最大の共通ポイントサービスです。
========================================



プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]