編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

EPUB形式の無料電子雑誌2誌をリニューアル 『Creative Now』&『囲碁人』 ~新たに「Kindleストア」にて有料版の販売を開始。価格は99円 ~

株式会社マイナビ

From: PR TIMES

2013-02-01 10:44



株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区)は、“クリエイティブの今”をキーワードにクリエイティブに関する様々な情報を掲載する電子月刊誌『Creative Now』(クリエイティブ ナウ)および、日本で唯一のオリジナル囲碁情報電子月刊誌『囲碁人』(イゴジン)をリニューアルします。


電子月刊誌『Creative Now』は、2011年11月からEPUB形式のオリジナル無料電子雑誌として、当社WEBサイト「マイナビBOOKS」( (リンク ») )上で発行してきました。また、囲碁情報の無料電子月刊誌『囲碁人』は、同じく「マイナビBOOKS」上で2011年8月より、上級者向けと初心者向けの2つのラインナップ『囲碁人』『IGOJIN Beginners』で発行してきました。

今回のリニューアルでは、これまで「マイナビBOOKS」上で配信してきた無料版に加え、記事を追加し情報量をアップした有料版をAmazonが運営する「Kindleストア」にて、99円というお求め安い低価格で販売します。また同時に、『囲碁人』については2シリーズを統合し、今後はすべての囲碁ファンを対象とした新装版として発行します。『Creative Now』リニューアル創刊号は昨日1月31日(木)より「Kindleストア」にて発売を開始し、『囲碁人』については2月5日(火)より発売する予定です。

当社では、『Creative Now』『囲碁人』のほかにも、紙版のない電子オリジナルのEPUB書籍を発売するなど、電子書籍や電子雑誌の発行に積極的に取り組んできました。読者の皆様により価値のある情報をお届けするため、電子書籍、電子雑誌という新たな領域の利点を活用し、積極的に商品を展開してまいります。

*EPUB形式とは、電子書籍のスタンダードとして定着しつつある電子書籍の規格の1つ。EPUB形式を採用することで、デスクトップPCやスマートフォン、タブレット端末など、様々なデバイスで最適な表示で読むことが可能(※要 各リーダー/ビューワーソフト)


◆ 媒体概要 ◆

《1.『Creative Now』について》

タイトル:『Creative Now』(クリエイティブ ナウ)
価  格:99円
販売場所:Kindleストア
形  式:EPUB
発売日 :毎月25日(創刊号は昨日1月31日(木)発売)
収録内容:クリエイティブに関する最新ニュース、クリエイターインタビュー、
     クリエイティブツールのレビューやTips、イベントレポート、電子書籍制作など

※有料版と同時に、「マイナビBOOKS」内( (リンク ») )ではこれまでと同様のボリュームで、無料版を『Creative Now Free』として引き続き配信します


《2.新装版『囲碁人』について》

タイトル:『囲碁人』(イゴジン)
価  格:99円
販売場所:Kindleストア
形  式:EPUB
発売日 :毎月15日(リニューアル後第1号(Vol.18)は、2月5日(火)発売予定)
収録内容:トップ囲碁棋士のインタビューや連載記事、囲碁×ガールの取材記事、
     万波奈穂二段によるやさしい練習問題、郭求真六段の新作詰碁など

※有料版と同時に、「マイナビBOOKS」内( (リンク ») )ではこれまでと同様のボリュームで、無料版を『囲碁人FREE』として引き続き配信します


*「Kindleストア」のシステムの都合上、実際にストアで販売が開始される日程は、多少前後する場合がございます。ご了承ください


【当社に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 広報部
TEL.03-6267-4155 FAX.03-6267-4050
e-mail:koho@mynavi.jp

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]