テラデータ、2012年第4四半期および2012年度通年の業績を発表 -第4四半期の売上高は10%増加、2012年度通期の売上高は13%増加

日本テラデータ株式会社 2013年02月15日

From PR TIMES



[2013年2月7日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]


 米国アトランタ発 - テラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC、以下テラデータ)は、2012年度第4四半期および2012年度(期末:2012年12月31日)の業績を2月7日(現地時間)に発表しました。

 2012年度第4四半期の売上は7億4,000万ドルで、前年同期の6億7,300万ドルから10%増加しました。為替変動の影響を除くと、前年同期から11%増加となります。2012年度通期の売上は26億6,500万ドルで、前年同期の23億6,200万ドルから13%増加しました。為替変動の影響を除くと、前年同期から15%増加となります。

 米国会計基準に基づいた2012年度第4四半期の売上総利益率は55.4%で、前年同期は55.6%でした。2012年度通期の売上総利益率は55.9%で、前年同期は54.7%でした。

 米国会計基準に基づいた2012年度第4四半期の純利益は1億1,200万ドルで、希釈済み1株あたり0.66ドルでした。前年同期の純利益は9,800万ドルで、希釈済み1株あたり0.57ドルでした。2012年度通期の純利益は4億1,900万ドルで、希釈済み1株あたり2.44ドルでした。前年同期の純利益は3億5,300万ドルで、希釈済み1株あたり2.05ドルでした。

 テラデータの社長兼CEOマイク・コーラーは次のように述べています。「第4四半期に好成績を挙げ、2012年を終えることができました。弊社は、これからもテクノロジー分野での強みと専門知識の豊富な社員が市場をリードする分析と統合マーケティング・ソリューションを提供することで、世界中のデータ主導型企業から信頼されるパートナーであり続けるでしょう」


# # #

◆プレスリリースの原文はこちらをご参照ください。(PDFファイルが開きます)

Teradata News Room  
(リンク »)

◆ Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスによってデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競争優位へと導くベストな意思決定を可能にします。 (リンク »)

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本テラデータ株式会社の関連情報

日本テラデータ株式会社

日本テラデータ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]