編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

三鷹駅前南口エリアで使える無料公衆無線LAN「Wi-Fi三鷹」開局のお知らせ

株式会社まちづくり三鷹

From: PR TIMES

2013-02-18 19:00

災害時の情報の受発信、平常時は駅前のにぎわい創出を目的に、三鷹駅南口エリアにWi-Fi環境を整備

 (株)まちづくり三鷹は、三鷹駅南口のバスロータリーと周辺エリアをサービスエリアとした、4箇所の無線LAN基地局を設置し、無料公衆Wi-Fiサービス「Wi-Fi三鷹」を2月18日(月)に開局しました。このサービスは、災害時の情報の受発信、平常時には、地域のにぎわいづくりを目的に整備したものです。



 (株)まちづくり三鷹は、三鷹駅南口のバスロータリーと周辺エリアをサービスエリアとした、4箇所の無線LAN基地局を設置し、無料公衆Wi-Fiサービス「Wi-Fi三鷹」を2月18日(月)に開局しました。
 このサービスは、市民や来訪者のための災害時の情報の受発信環境を強化する目的で設置しました。東日本大震災の際には、三鷹駅南口には携帯電話も通じず、災害情報も入手できない帰宅困難となった人々が多く集まりました。こうした状況に備えるための情報インフラ強化の一環として、総務省「平成24年度総務省ICT街づくり推進事業~三鷹市コミュニティ創生プロジェクト」の実証事業を活用してAPを整備しました。
 このサービスのポータルサイト「Wi-Fi三鷹」には、災害発生時には災害情報のコンテンツが掲載されます。また、平常時には、Wi-Fi対応機器を使って、誰でも無料(※)でインターネットを利用できる環境を整備しました。「Wi-Fi三鷹」を通して、協力店舗のお得なクーポンを提供するほか、三鷹の見どころや市内イベント情報等を紹介することにより、駅前のにぎわい創出を目指します。2月18日現在、20店舗にクーポン掲載のご協力をいただいています。なお、1回の通信時間は20分で、1日あたりの回数制限はありません。

 自治体が道路などの公共空間に無料Wi-Fiを開局するのは全国的にもめずらしいサービスです。
 ※利用料・通信料は無料ですが、事前にメールアドレスの登録が必要です。
 ※SSID(ネットワーク名) ilovemitaka 
 ※実施期間 平成25年2月18日(月)~


Wi-Fi三鷹ご利用案内  (リンク »)

実証事業「三鷹コミュニティ創生プロジェクト」  (リンク »)

総務省「ICT街づくり推進事業」  (リンク »)


お問い合わせ:株式会社まちづくり三鷹

 東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ E-mail ict@mitaka.ne.jp

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]