シリーズ累計販売総数790万本を超える「鬼武者」が初のソーシャルゲーム化!「みんなと 鬼武者 カードマスター」配信開始のお知らせ

クルーズ株式会社 2013年02月18日

From PR TIMES



 クルーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小渕宏二、以下クルーズ)は、株式会社カプコンと新作ソーシャルゲーム「みんなと 鬼武者 カードマスター」を共同開発し、株式会社ディー・エヌ・エーが運営する「Mobage(モバゲー)」(URL: (リンク ») )上にて、本日2月18日(月)よりスマートフォン・フィーチャーフォン共に配信を開始しましたことをお知らせいたします。

 鬼武者は、全世界シリーズ累計販売本数790万本を超える大人気アクションゲームです。戦国時代を舞台に青年剣士が敵を倒し、謎を解きながら進んでいく和風剣術アクションで、PlayStation 2向けのゲームソフトとしては初のミリオンセラーを記録。2001年の第1作発売以降、感動的でスリリングなシナリオが人気を得ております。
 根強いファンを多く持つ本作品ですが、ソーシャルゲーム化は「みんなと 鬼武者 カードマスター」が初となります。本作品は、PCゲームとして好評配信中の戦国シミュレーションRPG『鬼武者Soul』の世界観を踏襲し、ソーシャルゲームならではのコミュニケーション要素を加えたことで、「鬼武者」シリーズファンからソーシャルゲームユーザーまで、幅広い方々に楽しんでいただける内容となっています。 ぜひ、お楽しみください。

 クルーズは、今後も自社オリジナルタイトルの開発に加え、今回のようなパートナーシップを通じて、より多くのユーザーの皆さまにお楽しみいただけるゲームを提供してまいります。ぜひ、ご期待ください。


「みんなと 鬼武者 カードマスター」について
 時は戦国時代、幻魔と契約することで復活を遂げた織田信長による「時のねじれ」の失敗が原因で、過去・未来より時空を越えて「人」「鬼」「幻魔」の力を持つ武将たちが召喚されてしまうことから始まる本ゲームのストーリー。
「時のねじれ」の影響により現代から召喚されたプレイヤーが、その謎の鍵を握る織田信長に近づくため、仲間と手を組み、同盟軍同士の熾烈な合戦の日々を駆け抜けるリアルタイムギルドバトルゲームです。

<サービス概要>
■サービス名称 「みんなと 鬼武者 カードマスター」
■サイトURL フィーチャーフォン版 : (リンク »)
         スマートフォン版 : (リンク »)
■利用方法 「Mobage(モバゲー)」への無料会員登録後に利用可能
■利用料金 アイテム課金制


【クルーズ株式会社】


所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
設立:2001年5月24日
資本金:4億2,320万円
事業内容:ソーシャルゲームや、ブログからネット通販までインターネットサービスを提供するエンターテインメント企業

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]