編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「LINE GAME」、“ゆるふわ”ダイビングゲーム『LINE フラッフィー』の提供を開始

LINE株式会社

From: PR TIMES

2013-07-10 17:01



LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE(ライン)』( (リンク ») )で展開するゲームサービス「LINE GAME」において、“ゆるふわ”ダイビングゲーム『LINE フラッフィー』がサービスの提供を開始いたしましたのでお知らせします。


『LINE フラッフィー』は、まだ泳ぎが下手なアザラシの赤ちゃん「フラッフィー」が、海をダイブしてお母さんを探す旅に出る“ゆるふわ”ダイビングゲームです。プレイヤーはタップの長さを調節することで、海に潜る深さとジャンプの高さを調整し、岩や島、沈没船などの障害物を避けながら、フラッフィーが上手に泳ぐ手助けをします。画面タップで下降し、指を離すと上昇するというシンプルなゲーム操作と、かわいいアクションを繰り広げるキャラクター、癒し効果満点のボサ・ノヴァ調の楽曲で、誰でも手軽にお楽しみいただけるゲームです。


フラッフィーは、プレイ画面左上に表示される「おなかペコペコゲージ」がなくなると泳げなくなってしまうので、体力を回復する「ハート」を継続的に取りながら、旅を続けて得点を獲得していきます。また、プレイ中に集めた貝の枚数に応じて、フラッフィーの冒険を助けてくれるタコやカメ、人魚など、さまざまな種類の「バディー」を最大2匹まで連れて海にダイブすることができます。バディーを従えることで、より高い得点を狙うことが可能です。


タップのタイミングを調節して、空を飛ぶカモメに移動を助けてもらったり、クジラの潮にうまく乗って太陽を飛び越えるほど高くジャンプしたり、岩のギリギリのところを通過したりすると、フィーバーが発生し、さらなるハイスコアを獲得できます。


なお、LINEと連携することで、LINE上の友だちとランキングを競ったり、プレイチケットであるクローバーを贈りあったりできるソーシャル要素も兼ね備えています。

LINEでは今後も「LINE GAME」をはじめ、様々な連携サービス・コンテンツを拡充することにより、ユーザー同士のコミュニケーション活性化を図ってまいります。

<ゲーム概要>
■LINE フラッフィー
対応言語:日本語、英語
サービス地域:全世界
サービス開始日:2013年7月10日
価格:無料(アイテム課金)
開発: HOTDOG Studio INC.
運営:LINE株式会社
(C) HOTDOG Studio, Inc.

App Store ダウンロードページ
(リンク »)
Google Play ダウンロードページ
(リンク »)

※Android、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※iPhone、iTunesおよびApp Storeは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]