編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

セカンドライフの日本人コミュニティの祭典 『SL24 ザ・夏祭り2013』開催 デジタルハリウッド大学院の三淵研究室が参加

デジタルハリウッド株式会社

From: PR TIMES

2013-07-29 16:29

デジタルハリウッド大学大学院の三淵啓自研究室は、8/10(土)~8/18(日)に開催するセカンドライフ日本人ユーザーのお祭りイベント『SL24 ザ・夏祭り2013』(SL24)に参加。
SL24は、今年で7回目を迎え、テーマは、「世界に届け!NIPPONセカンドライフ」。
場所を問わず、言葉と距離と時間を越えてアバターで交流できるからこその仮想世界セカンドライフを中心に、さまざまなイベントが展開される予定です(現時点(7/10)で、すでに28団体がイベントを企画しています)。
このイベントを通じて、さまざまな人たちの想いが繋がり、笑顔になることを願って開催します。
三淵研究室では、2007年から実験放送を続けている仮想世界放送局(VWBC)にて、他の放送メディアと連動しながら、イベント当日の様子をライブ配信。
また、仮想世界やアバターコミュニケーションにおける可能性を、セカンドライフ内のシミュレーション空間内にイベントや、仮想世界放送、マシニマ等を通じ、検証します。




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院の三淵啓自研究室は、8/10(土)~8/18(日)に開催するセカンドライフ日本人ユーザーのお祭りイベント『SL24 ザ・夏祭り2013』(SL24)に参加いたします。
 SL24は、今年で7回目を迎えます。「笑顔」を合い言葉に、仮想世界の楽しさ、有用性そして可能性を発信していきます。テーマは、「世界に届け!NIPPONセカンドライフ」。
 場所を問わず、言葉と距離と時間を越えてアバターで交流できるからこその仮想世界セカンドライフを中心に、さまざまなイベントが展開される予定です(現時点(7/10)で、すでに28団体がイベントを企画しています)。
このイベントを通じて、さまざまな人たちの想いが繋がり、笑顔になることを願って開催いたします。
 三淵研究室では、2007年から実験放送を続けている仮想世界放送局(VWBC)にて、他の放送メディアと連動しながら、イベント当日の様子をライブ配信いたします。
 また、仮想世界やアバターコミュニケーションにおける可能性を、セカンドライフ内のシミュレーション空間内にイベントや、仮想世界放送、マシニマ等を通じ、検証していきます。


【『SL24 ザ・夏祭り2013』 開催概要】

■テーマ:「smile smile smile! ~あなたの笑顔が未来をつなぐ☆~」
■開催期間:2013 年8 月10日(土)~18日(日)
■主催:SL24 2013 実行委員会
■現在予定されているイベント主催コミュニティ (2013年6月30日時点)
AFRO、Angel Heart、Cafe kuma 903、Creative JAPAN
Dance Bar *Cute Grin*、degu SIM、Epimbi Madrigal
FlySkyHighClub、gallery Sayopiyo、Haru Motors、HER VER.2
ICSG(Interactive Cinema System Group)、Jabara Estate
Japan SL Anime Improvement Committee、Luci Yokosuka
SUNRISE CAFE RADIO STATION、VWBC、Yoshikun Alsop Band
アニソンDJカフェ・バー雷神、アビス海文台、さぶろクリエイト
すき家防衛隊 ~Sukids~、セカンドライフ日本人支援センターJSAPO
映画館組合、士郎正宗inセカンドライフショップ、小京都長屋
夢と花ラジオ、遊廓 萌空海 など。※順不同

■イベント協力企業・団体 (2013年7月10日時点)
株式会社スプリューム( (リンク ») )、
株式会社エーディーエヌグループ( (リンク ») )、
アニソンDJカフェ・バー雷神( (リンク ») )、
Second Life TV( (リンク ») )、
VWBC( (リンク ») )、
Jabara Estate( (リンク ») )、
すりんく( (リンク ») )、
そんくす( (リンク ») )、
メタバース・フォーラム( (リンク ») )、
デジタルハリウッド大学院セカンドライフ研究室( (リンク ») )
※順不同

詳細及び最新情報は以下の公式HPをご覧下さい。
SL24 2013公式ページ   (リンク »)


■セカンドライフとは
米国リンデン・ラボ社によって運営される3D仮想空間サービスSecondlifeのこと。インターネット上で利用することができ、現在(2013年6月)全世界で3600万人のユーザーと、毎月40万人の登録ユーザーが増加している。ユーザーは、アバターと呼ばれる分身で、3Dの仮想空間を自由に移動し、さらに、土地を所有したり、建物や乗り物、衣服などを作成し、仮想通貨リンデンドルを利用して、売買することもできます。ユーザーの実績売上(ドルに換金)は、年間75億円になっており、面積は、1813km2 東京都の82%に拡大しています。 
セカンドライフ日本語公式ページ  (リンク »)


セカンドライフ市民ネットワーク事務局
cnet@nwco.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]