編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

タイムリーな情報収集で拡販チャンスを拡大!

SBテクノロジー株式会社

From: PR TIMES

2013-10-02 11:00

~iPad対応業務支援アプリケーション、Smart atにeBASEカタログ連携オプションを追加提供~

ソフトバンク・テクノロジー株式会社の連結子会社であるM-SOLUTIONS株式会社 (代表取締役社長:佐藤 光浩、本社:東京都新宿区、以下M-SOL)は、この度、商品情報交換環境の提供により次なるビジネスモデル、新たなるマーケットを創出するeBASE株式会社(代表取締役:常包浩司、本社:大阪府大阪市)と協力し、iPad対応の業務支援アプリケーション Smart at(スマート アット)に、商品情報データベースeBASE(イーベース)を連携させた、『eBASEカタログ連携オプション』の提供を開始しますのでお知らせします。



Smart atは、初期費用無料、月額利用料980円(1ID)から利用できる、iPad対応業務支援アプリケーションです。
「タブレット端末のビジネス活用を推進し、ワークスタイルを変革させる」というコンセプトで、ユーザが手軽に使えて、業務効率の向上につながる、シンプルなサービスを提供します。
 
今回提供を開始するのは、iPad上で簡単に見積作成・提出ができる見積支援サービス「Smart at est」のオプションサービスとなります。
食品業界、住宅業界、文具業界等のメーカーにおいて、現在約9万ユーザに利用されている商品情報管理データベースeBASEと、eBASE株式会社が運用するクラウドサービス「eBASEカタログ(FOODS eBASE NBセンター/eB-Registry等)」と連携することで、Smart at estでeBASEに登録された商品情報カタログを利用することができるようになります。
商品情報を登録するメーカーの、eBASEカタログ(FOODS eBASE NBセンターやeB-Registry等)への登録料は無料となります。

eBASEに登録するだけで、商品情報のカタログ登録・管理を個別で行う必要がなくなり、運用コストの削減につながります。
また、各メーカーや業者によって更新される情報は、リアルタイムでSmart atへ反映されるため、よりタイムリーな商品情報収集と、スピーディーな見積提示が可能となります。
本サービスはSmart at estをご利用のお客様に、初期費用無料、1IDあたり300円/月額にて提供します。
※eBASEの利用費用が別途発生します。

また、2013年10月11日(金)大阪 毎日インテシオ、11月15日(金)東京 AP浜松町 芝パークビルで開催される、eBASEカンファレンス 2013( (リンク ») )に出展します。

M-SOLは今後も、eBASE株式会社と連携を深め、ニーズに沿ったサービスの拡充により、お客様のビジネスを支援してまいります。

▼Smart atに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
  (リンク »)
  (リンク »)

■ eBASEについて
eBASEは、商品(製品)情報の企業間情報交換プラットフォームとして、又、企業内の様々なコンテンツマネジメントソフトとして、柔軟性と抜群のコストパフォーマンスを兼ね備えた総合データ管理ソフトウェアです。
ネットワーク対応データベース「eBASEserver」等、ユーザのニーズに沿ったさまざまなサービスを提供しています。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

SBテクノロジー株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]