【ブロケード】オンラインセミナー「いま、データセンターに求められているもの」~Brocade VCSが提供する価値とイーサネット・ファブリック~

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社 2013年12月17日

From PR TIMES



データセンターで仮想化やクラウドへの対応が進む一方、仮想インフラで使用される"レイヤ2ネットワーク"には、技術面で課題が残ります。例えば、一般的なスパニングツリープロトコルは、プライマリリンク障害時しか使用されない冗長リンクがいくつもあり、利用効率低下の根本的な要因となっているのです。

この問題を解決した革新的なレイヤ2技術「VCS(Virtual Cluster Switching)」なら、仮想化リソースを効率化し、クラウドに最適化された強固な基盤を構築することができます。

本オンラインセミナーでは、この「VCS」技術を搭載したデータセンタースイッチ「Brocade VDX 6720」に焦点を当て、その概略を紹介します。

▼オンラインセミナー「いま、データセンターに求められているもの」~Brocade VCSが提供する価値とイーサネット・ファブリック~
(リンク »)


▼ブロケード日本法人公式YouTubeチャンネル
(リンク »)

▼次世代データセンター・ネットワークのための情報サイト:Data Center Insight
(リンク »)


【お問合せ】
ブロケード コミュニケーションズ システムズ 株式会社
電話:03-6203-9100(代表)
(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]