2020年東京オリンピック開催から不動産市況をうかがう「どうなる!?住まい」インフォグラフィックを公開しました。

アート・クラフト・サイエンス株式会社 2014年02月04日

From PR TIMES

アート・クラフト・サイエンス株式会社は、2020年東京オリンピック開催から不動産市況をうかがう「どうなる!?住まい」インフォグラフィックを公開しました。



■2020年東京オリンピック開催「どうなる!?住まい」インフォグラフィック
(リンク »)

東京オリンピック誘致が決まり、ますます気になる住まいの事情。
不動産のプロ100名(首都圏の宅地建物取引業者に勤務し、日常的に不動産売買に従事する人)
に今後の不動産市況についての所感をアンケートし、一枚の地図にプロットしました。

本インフォグラフィックでは、オリンピック競技場予定地となる湾岸エリアの地価変動情報を盛り込みました。
変動のわかりやすい目安として、湾岸エリアを代表する中古マンションの価格変動をプロットし、
不動産のプロ100人に今後の市況の変動を占っていただいた結果、面白い仕上がりになりました。


■【リビングラフィクス~住まいを楽しく見つめてみる】
アート・クラフト・サイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三好満国)と株式会社リカサ(本社:東京都港区、代表取締役:若山幸司)は共同して住まいに関するインフォグラフィク【リビングラフィクス】を展開してまいります。
リビングラフィクスは「住まいを楽しく見つめてみる」をコンセプトとして住まいにまつわる全般的な情報を視覚的にわかりやすくまとめてリリースいたします。
具体的には、毎月ごとにアート・クラフト・サイエンスかリカサのいずれかが提供者となってマンション購入ノウハウ・各国のリフォーム事情・東京の不動産市況変化など独自調査を含めた関心度の高い情報を発信していく予定です。


■サイト「acskk.com」について
acskk.comは、アート・クラフト・サイエンス株式会社の自社取扱物件を掲載しているサイトです。
自社でリノベーションを手がけた中古マンションを掲載し、エンドユーザーに直接販売しています。
販売サイトとしてのカタチにとどまらず、アート・クラフト・サイエンスが活動している地域の情報を定期配信する
「知ってるタウン」や、リフォーム中のマンションの工事風景を取り上げた「顔の見えるリフォーム」など
エンドユーザー目線のコンテンツを随時配信しています。


■アート・クラフト・サイエンス株式会社について
アート・クラフト・サイエンスは、市場にストックされている中古マンションを厳選して仕入れ、
単なる改修を施すのではなく、高い付加価値を加えてより快適な住まいに再生し(リノベーション)、
提供しております。


■リカサ株式会社について
リカサはリフォーム・リノベーションに関する情報サイトReCasaを運営しております。
ReCasaの現在は首都圏マンションに特化したリフォーム即見積サイトですが、今春、より総合的な情報サイトとしてリニューアルする予定です。


▼2020年東京オリンピック開催「どうなる!?住まい」インフォグラフィック
(リンク »)
▼アート・クラフト・サイエンス株式会社
(リンク »)
▼リフォーム・リノベーション情報サイトReCasa
(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]