【トリップアドバイザー】「液体物の機内持ち込みOK・NGの境界線」のトリップグラフィックを公開

トリップアドバイザー株式会社 2014年02月14日

From PR TIMES



トリップアドバイザーは、旅行に関するさまざまな情報をインフォグラフィックにして定期的に公開する「トリップグラフィックス」の第88回として、「液体物の機内持ち込みOK・NGの境界線」のトリップグラフィックを公開しました。溶けたら液体にもなるバレンタインのチョコレートは、固体か液体かどちらでしょうか。
(リンク »)

飛行機内への持ち込みで悩ましい液体物。
小さな容器に入った目薬やリップグロスなどはプラスチック袋に入れなければなりませんが、液体なのか固体なのか分別に迷うものも多くあります。

国交省量的制限の対象となる液体物のリストによると、チーズは固体ですがバターは「液体」、焼き海苔は固体ですが海苔の佃煮は「液体」です。また、キムチや塩辛、しば漬けの梅干しも「液体」とみなされます。飲み物=液体と考えるなら、カレーどころか、プリンもねりあんも飲み物です。

ちなみに、チョコレートは固体、チョコレートソースになると「液体」と判断されます。安心して機内にチョコレートを持ち込んで、想いとともに届けてください。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]