「データセンター事業に関するビジネスアライアンス」への参加について(お知らせ)

阪急阪神ホールディングス株式会社 2014年04月07日

From PR TIMES

アイテック阪急阪神株式会社(本社:大阪市福島区、社長:浜田真希男。以下「当社」といいます。)は、この度、株式会社TOKAIコミュニケーションズ(本社:静岡市葵区、社長:鴇田勝彦)を初めとする国内データセンター事業者 18社が参加するデーターセンタービジネスアライアンス『データセンタークロスアライアンス、略称:DCXA(デクサ)』(以下「DCXA(デクサ)」といいます。)への参加が決定いたしましたので、お知らせいたします。



当社は、従来よりデータセンターサービスとして「i-TEC SERVER」の名称でフルマネージドサーバサービスを展開しており、中小規模の企業様から大企業様まで多くの企業様にご利用いただいております。また、昨年10月からはフルマネージド仮想サーバサービスも開始しており、仮想化技術を利用した低価格なフルマネージドサーバサービスとして好評をいただいております。

今後もクラウドサービスを中心にデータセンターサービス市場が拡大すると言われており、当社も高品質でコスト競争力のあるサービスを提供していくことが必要不可欠であると考えております。このような中、当社は、DCXA(デクサ)に参加し、引き続きデータセンターサービスの充実を図り、企業様の高まるニーズに応えてまいります。


※関連URL
DCXA   : (リンク »)
i-TECSERVER: (リンク »)

本リリースに関するお問合せ先
 アイテック阪急阪神株式会社 マルチメディア事業本部
  担当:上田
  TEL:06-6347-0384
  URL: (リンク »)

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。