セキュアデスクトップサービスの販売を開始。「クラウドサーバ保存の安心感」と「PC操作の快適性」を両立

パナソニック 2014年04月08日

From PR TIMES



パナソニック システムネットワークス株式会社は、「快適な操作性」と「高いセキュリティレベル」を両立した新しい形のセキュリティ対策「セキュアデスクトップサービス」を2014年4月8日より発売いたします。

セキュリティレベルと使いやすさは相反するもの、セキュリティ対策を導入したらPC操作が面倒になる、とお考えではありませんか?

「セキュアデスクトップサービス」は、導入した後も、社内で使っている時と同じようなスピードでさくさく操作ができますので、利用者にストレスを感じさせることなくモバイルPCの紛失や盗難への備えが可能となります。

■その秘密は---
「今だけ呼び寄せ機能」
作業するデータを、今、必要な分だけワンクリックでダウンロードして利用。ログオフ時にはサーバにデータを戻すと同時に、端末のデータを消去するため、PC内にはデータは残りません。つまり、PCの紛失や盗難にあってもデータを持ち去られる心配が無くなります。

▼パナソニックの「セキュアデスクトップサービス」Webサイト
(リンク »)

■セキュアデスクトップサービスの大きな特長
「揮発性メモリにデータを一時保管しPCにデータを残さない」
クラウドサーバ上に保管されているユーザデータのうち、必要なデータのみをPCのメモリに同期してファイルの閲覧・編集を行います。また、定期的に自動でクラウド上へアップロードすることも可能です。この一連の流れをユーザは特に意識せずに、通常PCとほぼ変わらない操作性でさまざまな操作をご利用可能ですので、PCのセキュリティと利便性を両立させることができます。

セキュアデスクトップサービスは、上記のような特長により、情報セキュリティと作業効率という、従来では相反すると思われていた2つのご要望を両立いたします。

[導入メリット]
1. ログオフした後は、PC上のハードディスクやSSDにはデータは残りませんので、PC紛失や盗難時の情報漏えいを防止できます。
2. 作業するデータをダウンロードした後は、通信切断や速度低下が発生した場合でも、作業はそのまま続行できます。
3. 常時のデータのやりとりを行う必要がなく、サーバや通信回線をリーズナブルな価格でご利用いただけます。

※システム管理者様からの申請により、ハードディスクの暗号化された領域にデータを一時保管する設定も可能です。USBメモリの接続制限等の運用ルールまたはPC利用者の権限やデータ重要度に応じて柔軟な運用が可能です。

[利用シーン]
セキュアデスクトップサービスは次のような利用シーン(場面)で効果を発揮します。
・営業担当者の場合:移動時の資料修正や通信環境が不安定な場所でのプレゼンテーション
・現場作業者の場合:工事現場や山岳地帯などの通信環境が不安定な場所での作業

詳しくはWebサイトをご覧ください。
▼パナソニックの「セキュアデスクトップサービス」Webサイト
(リンク »)

[お問い合わせ先]
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話 0120-878-410(受付:9時~17時30分)<土・日・祝日は受付のみ>
(リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]