フリースケール、Mindspeed社のARM(R)プロセッサ・ビジネスを MACOMから買収することで正式契約を締結

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社 2014年04月11日

From PR TIMES

ネットワーク機器向けのARMをベースするマルチコア製品ファミリの増強により、 多様なハイボリューム市場におけるフリースケールのプレゼンスと適用領域を拡充

2014年4月7日、Freescale Semiconductor, Inc.発表本文の抄訳です。

テキサス州オースチン-2014年4月7日-組込みプロセッシング・ソリューションのグローバル・リーダーであり、ネットワーク機器用通信プロセッサ業界トップのプロバイダであるフリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、Mindspeed Technologies, Inc.のComcerto(R) CPE通信プロセッサ事業部門を買収することで正式契約を締結しました。この買収により、フリースケールは、ARM(R)をベースとするマルチコア組込みプロセッサと関連ソフトウェア、優秀なチーム・メンバー、および世界各地のトップ企業からなる顧客を得ることになります。

フリースケールの上席副社長兼デジタル・ネットワーキング製品グループ担当ジェネラル・マネージャであるトム・デートリッヒは、この買収によりマルチコア・プロセッサにおけるフリースケールのリーダーとしての地位がより強化され、フリースケールの広範な製品ポートフォリオがさらに拡充されると予測しています。

トム・デートリッヒは次のように述べています。「ゲートウェイ通信機器およびネットワーク・アタッチド・ストレージが使い易さ、クラウド技術、ホーム・オートメーションおよびセキュリティにおける進化ならびにIoT(モノのインターネット化)の最前線にある中で、フリースケールは、今回の買収により、これらの市場双方へビジネスを拡大することができます。また、これらの製品によりネットワーク用のマルチコア・プロセッサ・ポートフォリオの幅を広げ、収益成長のための新しい道を拓き、お客様により多くの選択肢を提供することができます。」

今回フリースケールが買収する事業はComcerto(R)100、1000、および2000製品ファミリを含み、M/A-COMテクノロジー・ソリューションズ・ホールディングス(MACOM)がMindspeedを買収した際に同社が取得したものです。Comcerto 2000 SoCは、包括的なソフトウェア・ライブラリによりサポートされ、1.2GHzのARM Cortex(R)-A9の2つのCPUコアとパケット・エンジンおよび通信アクセラレータが統合化されています。

今回の契約の一環として、この事業の主力メンバーがフリースケールに移籍することになります。買収のクロージングは通常のクロージングの条件に従い2014年第2四半期を予定しています。契約の条件については公表されていません。

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

将来予想に関する記述に関する注意:
このプレスリリースには1995年私募証券訴訟改革法において定義される将来予想に関する記述が含まれています。これらの記述は、買収のクロージング、フリースケールの事業にとって期待される利益、期待される事業の成果、その他史実ではない記述に関するものです。フリースケールはこれらの将来予想に関する記述の根拠となる前提が合理的であるものと考えていますが、これらの前提のいずれかが不正確であることが判明する可能性はあり、当該不正確な前提に基づく将来予想に関する記述が誤りである可能性があります。将来における実際の成果や傾向は、様々な要因により、将来予想に関する記述において示唆されたものとは大きく異なる可能性があります。これらの要因には、市況、慣習的なクロージング条件、Freescale Semiconductor, Ltd.が証券取引委員会に提出する届出書に記載されるような他のリスク要因が含まれます。フリースケールはこのプレスリリースに含まれる情報をアップデートする義務を負うものではありません。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。ARMおよびCortex はARM Ltd.またはその子会社の商標または登録商標です。ComcertoはMindspeed Technologies, Inc.の商標です。
(C)2014 Freescale Semiconductor, Inc.

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]