サイファー・テック、2014年第1四半期の電子書籍利用動向を集計

サイファー・テック株式会社 2014年05月01日

From PR TIMES

著作権保護や文書保護等に関わる各種セキュリティソフト開発のサイファー・テック株式会社は、同社が開発・販売を手掛けるデジタルコンテンツ配信サービス向けの不正コピー対策サービス「CypherGuard(サイファーガード)」のライセンス発行状況を基に、2014年第1四半期(2014年1月1日~3月31日)の電子書籍の利用動向をまとめました。



著作権保護や文書保護等に関わる各種セキュリティソフト開発のサイファー・テック株式会社(本社:徳島県海部郡美波町、代表取締役社長:吉田基晴、以下サイファー・テック)は、同社が開発・販売を手掛けるデジタルコンテンツ配信サービス向けの不正コピー対策サービス(以下 DRMサービス※1)「CypherGuard(サイファーガード)」のライセンス発行状況※2を基に、2014年第1四半期(2014年1月1日~3月31日)の電子書籍※3の利用動向をまとめました。

※1:DRM(Digital Rights Management):デジタルコンテンツに対して、暗号化を施して不正コピーによる著作権侵害、重要情報の漏えいを防止する技術
※2:ライセンス発行:コンテンツの初回閲覧時にライセンス認証を行います。
※3:サイファー・テックのDRMサービスは、各種デジタルコンテンツ配信サービス(動画、音楽など)や法人向け機密情報保護対策等にて幅広く利用されていますが、本調査結果は電子書籍に関するデータに限定したものです。

【利用回数】


2014年第1四半期の利用数は、前年同期比で約2倍に増加しており、国内の電子書籍市場は2013年に引き続き拡大基調にあることが読み取れる結果となりました。

【利用時間帯の傾向】


2014年第1四半期は、前年同期に引き続き19時から24時台までの利用率が依然高く、帰宅後から就寝前にかけて最も利用されている結果となりました。一方で日中の利用率が前年同期よりも高くなっており、通勤時や昼休みなど利用シーンが多様化してきていることが推察されます。

【利用曜日の傾向】


曜日別では、2013年に引き続き週末(土曜日・日曜日)に電子書籍が利用されている結果となりました。
一方で2013年第1四半期は平日の利用率がほぼ同水準で推移していたのに対して、2014年第1四半期では曜日によって増減していたり、また週末の利用率が逆転したりするなどの変化が見られました。
これらは一時的な現象なのか、電子書籍利用の多様化に関する示唆なのか、引き続き動向を注視しながら分析 してまいります。

【サイファー・テック株式会社について】
サイファー・テック株式会社は、DRM技術や情報セキュリティ技術を中核に、デジタルコンテンツ流通向けのコンテンツ保護やBYODに対応した情報漏えい防止に関する製品開発、ソリューション提供、システムインテグレーションを行うテクノロジベンダです。

また太平洋と清流と山に囲まれた徳島県海部郡美波町にクリエイティブオフィス「美波Lab(ラボ)」を2012年5月に開設、2013年5月には東京都新宿区から同町へ本社を移転し、サーフィン・釣り・農作業など、自然に囲まれた環境でのライフスタイルとクリエイティブワークを両立させる創造的ワークスタイル“半×半IT”に挑戦しています。

設立:2003年2月
事業内容:電子著作物保護システムの開発、販売 / 情報漏えい防止システムの開発、販売 / システムインテグレーション
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイファー・テック株式会社の関連情報

サイファー・テック株式会社

サイファー・テック株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]