【LINE】ユーザーが制作したスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」、本日より審査が完了したスタンプの販売・購入が可能に

LINE株式会社 2014年05月08日

From PR TIMES

登録受付開始後、全世界でクリエイター登録30,000人、スタンプ登録5,000セットを突破



LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮)は、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」 (リンク ») において、本日より審査が完了したスタンプの販売・購入が可能になりましたのでお知らせいたします。


「LINE Creators Market」は、世界中のLINEユーザーがLINEスタンプを制作・販売することができるプラットフォームです。4月17日から「LINE Creators Market」 (リンク ») の登録受付を開始しており、現時点でクリエイターの登録数は約30,000人を超え、登録申請されたスタンプは5,000セット*1を突破しています。なお、クリエイター登録者のうち、日本国外のユーザーが約4割を占めるなど、グローバルでのスタンプの制作・登録が始まっています。
*1:現時点で審査中・審査待ちのスタンプを含む。

本日より、審査が完了したスタンプは、該当スタンプを登録したクリエイターが「LINE Creators Market」の管理画面から順次公開できるようになり、公開されたスタンプは「LINE ウェブストア」*2 (リンク ») 上で販売・購入することができます。なお、本日時点で、約350セットのスタンプがクリエイターによる公開が可能になりました。
*2:「LINE ウェブストア」は、PC・スマートフォンのブラウザから、LINE上のコンテンツ(スタンプ・着せかえなど)やLINE GAMEの仮想通貨を購入できるオンラインストア。現在、日本・タイ・台湾・インドネシアの4カ国で対応し、今後順次対応国の拡大を予定。

また、販売されたスタンプ売上のうち50%がクリエイターに分配され*3、前月までの分配金額が1万円を超えると管理画面から振込申請を行うことができ、振込は申請の翌月に行われます*4。
*3:分配された金額から源泉所得税や振込手数料等を差し引いた金額を受け取ることができます。なお、クリエイター及び購入者の国により適用される税率が異なります。
*4:詳しいスケジュールは「LINE Creators Market」マイページ内のQ&Aに記載

LINEでは、今後も新しいサービスの提供や機能拡充を積極的に行い、ユーザーのコミュニケーションの活性化や利便性向上を目指すとともに、スマートフォンにおけるコミュニケーションインフラとして、グローバルでのプラットフォームの展開も引き続き推進していきます。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]