コンテンツプロデュース・配信会社 ブレイカー、500 Startupsより資金調達

BREAKER 2014年05月21日

From PR TIMES

モバイルビデオ世代に向けた新しいエンターテイメントの創出を強化

ブレイカー株式会社は、シリコンバレーに拠点を置く世界有数のベンチャーキャピタル500 Startupsより資金調達し、モバイルビデオ世代に向けた新しいエンターテイメントの創出を強化していきます。




ブレイカー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役アレンクラーク・スワーツ、以下「ブレイカー」)は、シリコンバレーに拠点を置く世界有数のベンチャーキャピタル500 Startupsより資金調達したことを発表します。今回の資金調達により、モバイルビデオ世代に向けた新しいエンターテイメントの創出を強化していきます。

また、創出強化の一環として、代表取締役のアレン・スワーツは、5月21日からシンガポールにて開催される「ALL THAT MATTERS」(音楽・デジタル・スポンサーシップ・ソーシャルメディアという全てのエンターテイメント領域を対象とするアジアで唯一のB2B2Fanイベント)に登壇する予定です。
※「ALL THAT MATTERS」URL: (リンク »)

なお、ブレイカーは、すでに日本の株式会社ドリームインキュベータをはじめ、米国Siemer Ventures社、アジアのDesigned For Revolution社などから出資を受けている旨を2013年末に英字メディアにて発表しております。

ブレイカーについて(公式サイトURL: (リンク ») )
ブレイカーは、CEO&Co-Founderのアレン・スワーツ (元MTV Japan Vice President) を中心に2013年に創立されたモバイル・ビデオ・エンターテイメント・カンパニーです。「つながる世代のためのボーダーレス・コンテンツ」をコンセプトに、YouTubeなど、あらゆるプラットフォームを駆使し、映像コンテンツのプロデュースと配信を全世界に向けて行っています。

なお、2014年4月16日に TOKYO GIRLS COLLECTIONの公式YouTubeチャンネル「Girls TV」のプロデュースを開始したことを発表させていただいております。

500 Startupsについて(公式サイトURL: (リンク ») )
500 Startupsは、シリコンバレーを拠点にアーリーステージ企業向け投資とインキュベーション支援を行うベンチャーキャピタルです。
・主な投資領域:個人及び中小企業向けネットサービス、ウェブインフラ関連、等
・注目している事業領域:金融サービス、Eコマース、検索/ソーシャル/携帯プラットフォーム、個人及び法人の業務効率化、教育・言語、家族・健康、ウェブインフラ、等

ドリームインキュベータ(DI)について(公式サイトURL: (リンク ») )
DIは、戦略コンサルティング、産業プロデュース、幹部人材育成、M&Aアドバイザリー等のプロフェショナル・サービスにより、事業・産業の成長支援を行う「The Business Producing Company」です。

Designed for Revolution (DFR Asia) について(公式サイトURL: (リンク ») )
DFR Asiaは、アジア初のスタートアップベンチャースタジオであり、世界で初めて、メディアとエンターテイメント領域に特化しています。2008年の創業以来、ジョンポスマンとリックメイヤーズによって、ベンチャースタジオモデルのもと、インキュベーションを行っています。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]