さらなる訪日外国人増加に向けてサービス拡充 阪急阪神ホテルズ、直営全ホテルにWi-Fi導入完了 直営17ホテル全客室4,233室、主要宴会場、レストラン41店舗にて

株式会社阪急阪神ホテルズ 2014年05月27日

From PR TIMES

株式会社阪急阪神ホテルズ(本社:大阪市北区 代表取締役社長:藤本和秀)では、直営17ホテルの全客室4,233室及び主要宴会場、レストラン41店舗等でのWi-Fi(無線LAN)環境の構築を完了いたしました。



リリースはこちら → (リンク »)

客室・ロビーについては2012年度から順次、導入してきましたが、主要宴会場、商談利用頻度の高いレストラン41店舗(テナントを含む全88店舗中)も含めた、より広い範囲で高速データ通信を無料でご利用いただけるようになりました。

円安や東南アジア向けビザ緩和が追い風となり、当社直営17ホテル全体での外国人宿泊者数は対前年度('13年4月~'14年3月)実績で約1.5倍となっており、今後も更なる需要が見込まれます。

訪日外国人旅行客が「旅行中最も困ったこと」として「無料公衆無線LAN環境」が挙げられて
おり(2013年2月観光庁アンケートより)、更なる訪日外国人増加の期待が高まる中、国内外の様々なニーズに応えるべく、利便性の強化を図ります。


対象ホテル:直営17ホテル
<首都圏>
第一ホテル東京(写真(1))、第一ホテルアネックス
第一ホテル東京シーフォート、吉祥寺第一ホテル
<近畿圏>
ホテル阪急インターナショナル(写真(2))、大阪新阪急ホテル
新阪急ホテルアネックス、ホテル阪神
千里阪急ホテル、ホテル阪急エキスポパーク
宝塚ホテル、六甲山ホテル、京都新阪急ホテル
<レム>
レム日比谷、レム秋葉原、レム新大阪、レム鹿児島
レストラン41店舗
導入費用:約7,400万円

阪急阪神ホテルズ 直営ホテルWi-Fi対応一覧(※2014年4月1日現在)は
こちらをご覧ください。
(リンク »)


このリリースに関するお問合わせ先
株式会社阪急阪神ホテルズ 営業企画部マーケティング
新田 正人・森 麻美子・佐竹 ひろみ
TEL (06)6377-5743  FAX (06)6486-3322
URL  (リンク »)

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。