スマートフォン時代の新しいQ&Aコミュニケーションサービス「アンサー」に、くまモンをはじめとしたご当地キャラが大集合!

株式会社nanapi 2014年06月11日

From PR TIMES

~ご当地ネタに対応、地域貢献の取り組みへ~



 株式会社nanapi (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:古川健介、以下nanapi)の提供する、なんでも気軽に相談できるアプリ「アンサー」に、6月11日(水)よりくまモンをはじめとした10種類のご当地キャラが参加いたします。

 くまモンをはじめとした様々なご当地キャラが、アンサーのユーザーが投稿する地域の話題に対して、ご当地キャラならではの反応を見せる取り組みです。ご当地キャラのご当地の方言や、ゆかりのたべもの、観光地名、文化などに関連したワードに反応します。ご当地キャラたちがご当地に関する話題に反応することで、ユーザーへの地域認知度向上や理解を促し、さらなる疑問解決や、コミュニケーションの活性に寄与していきます。

 今後もアンサーは、スマートフォン時代の新しいQ&A型コミュニケーションサービスとして、本取り組みを実施するご当地を広げ出現するご当地キャラを追加していくとともに、様々な地域貢献への取り組みをより一層強化してまいります。

■今回参加するご当地キャラ 


他、
あさっぴー(北海道旭川市)
えび~にゃ(神奈川県海老名市)
ぐんまちゃん(群馬県)
出世大名家康くん(静岡県浜松市)
滝ノ道ゆずる(大阪府箕面市)
ノッポン弟(東京都)
ふっかちゃん(埼玉県深谷市) ※50音順

■アンサーについて


 「アンサー」は、スマートフォンで簡単に悩みや疑問を相談し、即レスをしてもらうスマートフォン時代の新しいQ&A型コミュニケーションサービスです。スマートフォンに最適化したチャット風のユーザーインターフェースで、簡単、気軽に、相談と回答を行うことができます。

 
 2013年12月のiOS版の公開時から、より手軽な相談や、相談を軸にしたコミュニケーションが日々活発に行われています。2014年5月には、Android版をリリースし、スマートフォン時代の新しいQ&A型コミュニケーションサービスとして認知されてきております。
 アンサー内での相談としては、「満員電車つらい」、「好きな人からLINEの返信が無い」、「バイトの休憩時間は何してる?」、「大晦日テレビは何を見る」、「街コンってどんな感じ?」といったコミュニケーション要素の高いものから、「世界史の年号の覚え方」、「これは何の骨?」といった専門的な相談まで幅広く投稿されています。

■「アンサー」アプリ基本情報
アプリ名: アンサー
アプリ価格: 無料
提供場所: App StoreおよびGoogle Play
カテゴリ: App Store=エンターテイメント(無料) / Google Play=ソーシャルネットワーク(無料)
対応端末: iOS 6.0以降又はAndroid 2.3.3以降のスマートフォン・タブレット端末
App Store URL: (リンク »)
Google Play URL: (リンク »)
アンサー公式Twitter: (リンク »)
アンサー公式ブログ:  (リンク »)

■株式会社nanapiについて
 nanapiは2250万を超えるユーザーがいる日本最大級のハウツー情報提供サービス「nanapi」とQ&Aコミュニティアプリ「アンサー」を運営しております。
 nanapiは、「できることをふやす」というビジョンを元にサービスを提供しており、この「アンサー」のQ&A機能によって、人々の悩みや課題を即座に解決し、今後もスマートフォン時代の新しいQ&Aの形を改善しながら提供を続け、「できることをふやす」世界を実現してまいりたいと考えております。

プレスリリース提供:PRTIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]